調査リポート
» 2012年09月21日 13時28分 UPDATE

「価格.comリサーチ」調べ:電子書籍ストアの利用経験率、koboのストアがApp Storeに次いで2位に

カカクコムが電子書籍に関するアンケート調査を実施。書籍をダウンロードしたことがあるストアとしてkoboのストアがApp Storeに次いで2位に入った。

[山田祐介,ITmedia]

 カカクコムはこのほど、価格比較サイト「価格.com」のユーザーを対象に実施した電子書籍に関するアンケート調査の結果を「価格.comリサーチ」に掲載した。調査では、「電子書籍をダウンロードしたことのあるストア」で「kobo」(koboイーブックストア)が「App Store」に次いで2位に入り、koboの利用者が増えていることをうかがわせる結果となった。

 アンケートは8月28日〜9月3日に実施したもので、回答者数は5847人。男性が91.1%、女性が8.9%となっている。

電子書籍の利用傾向

 回答者のうち電子書籍を利用しているユーザーは19.9%。若い世代では利用率が高まる傾向があり、20代では31.7%が利用者だった。

 電子書籍利用者に対して電子書籍の満足点を複数回答で聞くと、「保管場所を取らない」が最も多く70.9%に達した。このほか、「気軽に読める」(61.9%)、「何冊でも運びやすい」(59%)、「どこでも読める」(48.6%)といった、携帯性や気軽さを支持するユーザーが多かった。

 一方で不満点に関しては、「コンテンツの少なさ」とするユーザーが最も多く、49.4%となった。次いで選択者が多かったのが「紙の書籍に比べてコンテンツが安くない」(33.5%)だった。

 電子書籍利用者が使っている端末は、「タブレット端末」が45.5%で最も多かった。これに続くのが「スマートフォン」(35.8%)で、専用端末である「電子書籍リーダー」の利用者は26%にとどまった。

 なお、電子書籍を利用していないユーザーも含めた回答者全体に「専用端末への興味」を聞くと、66%が「興味がある」とした。27.4%のユーザーは「興味がない」としており、「すでに持っている」のは6.6%だった。興味のある専用端末に関しては、「Kindle」が55.2%と最も回答者が多く、次いで「kobo Touch」が41.4%、「GALAPAGOS」が22.5%、「Reader」が20.5%という結果になった。なお、Readerは9月3日に新モデル「PRS-T2」を発表したが、この日は同調査の最終日にあたり、調査結果には同モデルへの関心度が十分に反映されていないと考えられる。

 電子書籍の利用者に「電子書籍をダウンロードしたことがあるストア」を複数回答で聞くと、「App Store」が頭ひとつ抜けて33.1%となり、次いで「kobo」が16.8%に入った。koboは7月19日にサービスを開始したばかりだが、先行の「eBookJapan」(12.5%)や「紀伊國屋書店BookWeb」(11.3%)といったストアを抑えて利用率2位となった。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる