ニュース
» 2012年09月20日 17時26分 UPDATE

ダ、ダークネスもかぁ!:「To Loveる」電子版で夢のフルカラー化 この肌色、脳内補完ではない!

こいつは事件だ。

[山田祐介,ITmedia]
photo 確かにカラーだ!

 矢吹健太朗さん作画、長谷見沙貴さん原作で週刊少年ジャンプに連載された人気漫画「To LOVEる -とらぶる-」は、男子高校生・結城梨斗とたくさんの美少女たちが繰り広げる“ちょっとエッチ”なラブコメ物語。2010年からはジャンプSQ.でスピンオフ作品「To LOVEる -とらぶる- ダークネス」が始まり、この秋にはテレビアニメ新シリーズも放映されるなど、世の男の子たちに夢とロマンを提供し続けている人気シリーズだ。

 実は今、この「To LOVEる」シリーズの“フルカラー版”が複数の電子書籍ストアに登場しはじめている。集英社では現在、「ONE PIECE」などの同社人気作品をデジタル彩色でフルカラー化し、電子書籍として配信しているのだが、その流れの中で「To LOVEる -とらぶる-」と「To LOVEる -とらぶる- ダークネス」のフルカラー化が敢行されたのだ。

 少年漫画ながらアグレッシブな描写で読者もとい紳士を喜ばせてきた同シリーズは、フルカラー化の要望が特に高いであろう作品。実際に作品を購入して読んでみたが、ララや春菜といった美少女たちがカラー化によってより生き生きとしているように見える。もちろん、圧倒的な肌色のインパクトも特筆すべきポイントだ。また、肌色だけでなくピンク色の表現もあり、ファン待望の展開と言えるのではないだろうか。特に、掲載誌を移してアグレッシブさも増した「To LOVEる -とらぶる- ダークネス」の破壊力は抜群。立ち読み機能のあるストアもあるので、気になるユーザーはチェックしてみてはいかがだろうか。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる