ニュース
» 2012年08月16日 13時41分 UPDATE

ソニー「PRS-T2」の仕様、明らかに

ソニーの電子書籍リーダー最新モデル「PRS-T2」の仕様が明らかになった。日本でも近々発表されるとみられるが、タッチスクリーンの仕上がりに注目したい。

[Michael Kozlowski,Good e-Reader Blog]
Good E-Reader

 今日はソニーの新型電子書籍リーダー「PRS-T2」のハードウェア仕様についてリポートしよう。PRS-T2は2011年に発売した「PRS-T1」の後継機種となる最新モデル。PRS-T1は同社のストアである「Reader Store」のほか、同社の電子書籍リーダーとしては初めてGoogle Books、Overdriveを利用可能にしたモデルだった(海外モデルのみ)。


PRS-T2 PRS-T2。サイズは110(幅)×173(奥行き)×9.1(高さ)ミリ。重さは5.9オンス(約164グラム)。国内発売時の価格は1万円前後か?

 PRS-T2は600×800ドットの解像度を持つ6インチのモノクロ16階調E Ink Pearlディスプレイを採用。Clear Touch Infrared技術を採用したタッチスクリーンで操作性の向上を図っている。ユーザーが利用可能な内部メモリは1.3Gバイト(編注:2Gバイトからシステム領域を除いたものと思われる)で、microSDスロットも搭載する。バッテリーは毎日利用しても2カ月ほど持ち(無線オフ時、オン時は6週間ほど)、ハリー・ポッターの本も無料提供される。

 ユーザーは2つのエコシステムから電子書籍を入手できる。1つはソニーの「Reader Store」。もう1つは図書館の本を貸し出すOverdriveのアプリだ。

 なお、ソニーは先日、PRS-T1とすべてのアクセサリー類の製造を中止している。

Copyright© 2015 Good E-Reader. All rights reserved.

(翻訳責任について)
この記事はGood E-Readerとの合意の下でアイティメディアが翻訳したものです。翻訳責任はアイティメディアにあります。記事内容に関するお問い合わせは、アイティメディアまでお願いいたします。

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる