ニュース
» 2012年05月24日 10時00分 公開

胡瓜の「このWeb漫画読もうぜ!」第5回:「キスしないと死にます」――命をかけた“役得”ラブコメ「恋愛暴君」

「これは!」と思ったWeb漫画をピックアップするこのコーナー。「キスをしないと死ぬ」という謎の運命に翻弄されるドタバタラブコメ漫画「恋愛暴君 Love Tyrant」を紹介します。うらやましいようでうらやましくない状況に追い込まれた主人公の未来やいかに。

[山田胡瓜,ITmedia]
photo 三星めがねさんの「恋愛暴君 Love Tyrant」。死神の格好をした少女が萌える

 「突然ですがあなたはキスをしないと…」――4月25日に創刊したばかりのWebコミック誌「COMIC メテオ」に、三星めがねさんの読み切り漫画「恋愛暴君 Love Tyrant」が載っている。キスにまつわる不思議な力に主人公が翻弄されるこの漫画、人気があれば続編掲載もあるらしい。各登場人物の関係がいい感じに盛り上がったところで作品が終わっており、ぜひとも続きが読みたいところだ。

 高校生・藍野青司(あいのせいじ)の前に突然現れた死神風の少女。彼女が持っていたのは、某有名漫画に出てくる“名前を書いた人が死ぬノート”にそっくりな「キスノート」――この漫画、のっけからいきなりパロディだ。そしてのっけから女の子がカワイイ。少女のミスで藍野の名前がノートに書かれてしまい、24時間以内にキスをしないと何やらまずいことになる様子。「いいじゃん速攻キスしろよ」と思うのだが、状況が二転三転して主人公はなかなか救われない。この少女、どうやらものごとの説明が下手なようだ。しまいにはあこがれのクラスメイトも巻き込んで、ノンストップのドタバタコメディが炸裂する。


photophoto 謎の少女にキスノートの存在を教えられた主人公(写真=左)。ノートの力で国会がすごいことになっている(写真=右)

 続編を意識してなのか、伏線っぽい設定があるのも気になる。というか、途中で出てくるヤンデレ女はいったい何者なんだ。いきなり刃物が出てくるのはシティーハンターの“100tハンマー”的なノリなのだろうか。よく分からないが、スタイルは抜群だしお約束的アクシデントもあって個人的には大満足だ。


photophoto 痴女扱いを受ける少女(写真=左)。そうこうしてるうちにヤンデレ美女も出てくる(写真=右)

 ラストは「おわり?」と疑問符付きで締められており、COMIC メテオのサイト上には「あなたの応援が『続き』を生む力になります!」ともある。作品のその後が気になる人は、アンケートフォームから応援のメッセージを投稿するといいだろう。もちろん、筆者も投稿した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる