ニュース
» 2012年04月10日 22時23分 UPDATE

2012年本屋大賞、大賞は三浦しをん『舟を編む』

全国の書店員が今一番売りたい本を選ぶ「本屋大賞」。今年の大賞を受賞したのは辞書編集部を舞台にした三浦しをんの『舟を編む』。

[ITmedia]
tnfight.jpg 2012年本屋大賞の発表会で(画像出典:本屋大賞)

 本を熟知する書店員がその目利きを発揮する場として、また、作品の売れ行きにも大きな意味を持つ「本屋大賞」。第9回目となる2012年本屋大賞の大賞受賞作が4月10日、明治記念館で発表された。

 栄えある大賞に輝いたのは、『まほろ駅前多田便利軒』で直木賞を受賞し、『風が強く吹いている』などの作品でも知られる三浦しをん氏の『舟を編む』(光文社)。辞書編纂を手掛ける辞書編集部という場の雰囲気や、編纂という仕事、そしてそこで働く編集者のさまざまな葛藤を描いた同作品が、2位以下を大きく引き離して大賞を受賞した。特別企画投票「翻訳小説部門」の1位にはフェルディナント・フォン・シ−ラッハさん著、酒寄進一さん訳の『犯罪』(東京創元社)が選出されている。

順位 書籍名/作家 得点
大賞 舟を編む(三浦しをん:光文社) 510.0点
2位 ジェノサイド(高野和明:角川書店) 355.5点
3位 ピエタ(大島真寿美:ポプラ社) 324.0点
4位 くちびるに歌を(中田永一:小学館) 265.0点
5位 人質の朗読会(小川洋子:中央公論新社) 213.0点
6位 ユリゴコロ(沼田まほかる:双葉社) 208.0点
7位 誰かが足りない(宮下奈都:双葉社) 173.5点
8位 ビブリア古書堂の事件手帖 ―栞子さんと奇妙な客人たち
(三上延:アスキー・メディアワークス)
153.0点
9位 偉大なる、しゅららぼん(万城目学:集英社) 137.5点
10位 プリズム(百田尚樹:幻冬舎) 72.0点
2012年本屋大賞の結果


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる