ニュース
» 2012年01月30日 12時30分 UPDATE

AptaraとAppleの新たなiBooks Authorアプリケーション

Appleが発表したiBooks Authorは、電子書籍の可能性を追求することで、まったく新しい存在として認識されるようになるのかもしれない。

[Mercy Pilkington,Good e-Reader Blog]
Good E-Reader
tnfig210.jpg

 Aptaraは出版業界の主力企業の1つで、業界イベントに常に刺激的なコンテンツとデモを用意して参加している。今年のDigital Book Worldで、AptaraはEPUB 3とHTML5標準採用に関するプレゼンとともにApple最新の革新的製品であるiBooks Authorを用いて作り上げた作品を披露した。

 iBooks Authorは、著者が書き上げたコンテンツをインタラクティブな読書体験にまとめ上げる無償のパッケージプラットフォームで、幾つかのAppleのサービスとともに先週発表されたものだ。AppleはiBooks Authorをローンチした際に、このようなタイプのプラットフォームが本来持っている価値を証明し、電子教科書に関するニュースもリリースした。

 Aptaraのカルメン・ラム氏とジーン・カプランスキー氏はこの新アプリケーションの主な特徴についてGoodEReaderに詳しく説明してくれただけでなく、Aptaraがこのアプリケーションを使って開発したサンプルテキストのデモも見せてくれた。Aptaraは木曜日に出版社のMcGraw-Hillとウェビナーを開催し、iBook Authorがローンチされてから一週間の反応を検討し、アプリケーションの適用可能性について議論する。ウェビナーの情報はこちらで確認でき、Digital Book WorldでのAptaraの動画デモは下で確認できる。

Copyright© 2015 Good E-Reader. All rights reserved.

(翻訳責任について)
この記事はGood E-Readerとの合意の下でアイティメディアが翻訳したものです。翻訳責任はアイティメディアにあります。記事内容に関するお問い合わせは、アイティメディアまでお願いいたします。

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる