ニュース
» 2012年01月24日 16時00分 UPDATE

Kindle Fireの利用統計

Kindle Fireはメディア消費デバイスだといわれることがあるが、実際にはほとんどのユーザーが読書のためにこのデバイスを使っていることがRBC Fincancial Groupsの調査で判明した。

[Michael Kozlowski,Good e-Reader Blog]
Good E-Reader
tnfig203.jpg

 RBC Fincancial GroupsがKindle Fireユーザーの行動について最近実施したとてつもない調査のデータを公開した。同社が公開した大量のスライド資料からは、エンドユーザーがタブレットを利用して何をしているかがよく読み取れる。

 Barnes & Nobleの副社長を含む業界の企業幹部のほとんどが、Kindle Fireはメディア消費デバイスに過ぎず、ユーザーは映画やストリーム配信されるメディアを見ているだけだと語った。しかし、この調査結果ではKindle Fireユーザーの58%がNetflix、Hulu、Amazon Prime経由で1本の映画も見たことがないという事実を明らかにしている。

 調査結果によると、Kindle Fireユーザーの70%が読書のためにこのデバイスを利用しており、これまでにKindle Fire上で購入した電子書籍は3〜5冊としたユーザーが最も多く約28%となった。また、ユーザーの34%が11月15日から30日までの間にデバイスを入手していることから、Kindle Fireを購入した方の大半はリリース直後に購入しているようだ。

 一連のスライド形式でデータを公開しておいたので、Amazon Kindle Fireの利用統計に興味がある方には参考になるだろう。

tnfigx01.jpgtnfigx02.jpgtnfigx03.jpgtnfigx04.jpg
tnfigx05.jpgtnfigx06.jpgtnfigx07.jpgtnfigx08.jpg
tnfigx09.jpgtnfigx10.jpgtnfigx11.jpgtnfigx12.jpg
tnfigx13.jpgtnfigx14.jpgtnfigx15.jpgtnfigx16.jpg

Copyright© 2015 Good E-Reader. All rights reserved.

(翻訳責任について)
この記事はGood E-Readerとの合意の下でアイティメディアが翻訳したものです。翻訳責任はアイティメディアにあります。記事内容に関するお問い合わせは、アイティメディアまでお願いいたします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる