ニュース
» 2011年10月19日 14時30分 UPDATE

楽天の「Raboo」、ソニーの「Reader」からも利用可能に

楽天の電子書籍ストア「Raboo」で購入したコンテンツがソニーの「Reader」でも閲覧可能になる。近く、紀伊國屋書店も同様の発表をするとみられる。

[西尾泰三,ITmedia]

 楽天は10月19日、同社が8月に立ち上げた電子書籍ストア「Raboo」を利用可能な端末に、新たにソニーの電子書籍リーダー「Reader」が11月初旬から加わることを明らかにした。

 Rabooは現在、パナソニック製の電子書籍リーダー端末「UT-PB1」からのみ利用可能だが、今回サポート端末にReaderが加わることで、マルチデバイス、マルチストアの構築に向けた一歩を踏み出すことになる。

 当初の具体的な利用イメージは、RabooのPC Webサイトで購入した電子書籍作品をUSB経由でReader本体に転送する形を採る。ソニーはReaderの新モデルとしてWi-Fiを搭載した「PRS-T1」を10月20日に、3G/Wi-Fiを搭載した「PRS-G1」を11月25日に発売予定で、今後はReaderから直接Rabooで販売されるコンテンツを購入できるようにしていく意向。

 ソニー、楽天、紀伊国屋書店、パナソニックの4社は、電子書籍サービスの利便性向上に向け、それぞれが提供する電子書籍端末や販売ストアの相互接続を行っていくことを6月に発表している。近く、紀伊国屋書店の運営する電子書籍ストア「紀伊國屋書店BookWeb」もReaderへの対応を発表するとみられる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる