ニュース
» 2011年05月30日 13時52分 UPDATE

パピレス、オプトの持分法適用関連会社に

「電子貸本Renta!」「電子書店パピレス」などを運営するパピレスが、オプトの持分法適用会社となることが分かった。

[西尾泰三,ITmedia]

 オプトは5月26日、パピレスを持分法適用関連会社にする意向を明らかにした。

 「電子貸本Renta!」「電子書店パピレス」などを運営するパピレスは、2010年6月にJASDAQへ上場している。オプトは2009年9月パピレスの株式1652株を取得しており、これまでもインターネット上での販促支援などの分野で連携していた。パピレスからは先日、2011年3月期の経常利益は前期比約20%減の3億1700万円、来期も26%減の2億3400万円と減益の見通しをアナウンスされている。

 オプトはその後もパピレスの株式を追加取得しており、4月21日時点での持ち株比率は15.01%まで達していた。今回両社は、コンシューマ事業推進のためデジタルコンテンツ領域での協業関係を強化することで合意、6月27日に開催されるパピレスの株主総会の決議をもって、オプトのコンシューマ事業領域担当執行役員がパピレスの社外取締役に加わる予定としており、これによりパピレスはオプトの持分法適用会社となる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる