ニュース
» 2011年03月31日 18時33分 UPDATE

生原稿や秘蔵写真も収録:村上龍さんのデビュー作「限りなく透明に近いブルー」が電子書籍で登場

作家の村上龍氏とグリオが11月に設立した電子書籍制作・販売会社「G2010」から、村上氏のデビュー作「限りなく透明に近いブルー」が電子書籍としてリリースされた。生原稿や秘蔵写真も収録されている。

[西尾泰三,ITmedia]

 G2010は3月31日、作家・村上龍氏のデビュー作「限りなく透明に近いブルー」を電子書籍化、iPhone/iPad向けの電子書籍アプリとしてApp Storeで提供開始した。価格は900円。

tnfigg20102.giftnfigg20103.gif
tnfigg20101.gif

 G2010は、村上氏とグリオが11月に設立した電子書籍制作・販売会社。出版社を介さず、著者が直接電子出版を手掛けることが話題となった。G2010には村上氏のほか、よしもとばななさんや瀬戸内寂聴さんが賛同しており、村上氏は、自らの作品の電子書籍版はすべてG2010から配信するつもりであることを明らかにしている。

 今回電子書籍版がリリースされた「限りなく透明に近いブルー」は、村上氏のデビュー作で、この作品で村上氏は1976年の芥川賞、群像新人賞を受賞した。基地の街、福生(ふっさ)で暮らす若い男女の荒廃していく日々を描いた同作品は、その衝撃的な内容と斬新な表現方法によって、当時の文芸界に大きな衝撃を与えた。

 電子書籍化に当たって、1976年当時の著者の手書き原稿を全ページ分スキャニングして収録。これは初公開だという。また、芥川賞授賞時のポートレート写真16点も収録され、付加価値としている。

限りなく透明に近いブルー

関連キーワード

電子書籍 | G2010 | 村上龍 | 電子出版


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる