ニュース
» 2010年12月31日 10時02分 UPDATE

GALAPAGOSが初のバージョンアップを実施、不具合を解消

シャープが12月28日、eBookリーダー「GALAPAGOS」のバージョンアップを行なった。機能の追加はなく、不具合の解消が目的だ。

[ITmedia]

10.8型と5.5型ともに実施

 シャープの「GALAPAGOS」が、発売後初めてとなるバージョンアップを行った。今回の更新内容は、GALAPAGOS本体の時刻が変化し、ストアに接続できなくなるなどの症状を改善するもので、10.8型ホームモデル(EB-WX1GJ)と5.5型モバイルモデル(EB-W51GJ)の両方が対象になっている。

 バージョンアップ作業は、無線LAN経由でGALAPAGOS本体から行う方法と、PC連携ソフトウェア「GALAPAGOS Station」経由で行う方法があり、電源への接続が必須だ。バージョンアップ後のソフトウェアバージョンは、10.8型ホームモデルが「1.01d」、5.5型モバイルモデルが「1.01c」となる。

ht_1012ve01.jpg 「バージョン確認」にバージョンアップを通知するアイコンが表示される
ht_1012ve02.jpg 普段はグレーアウトとしている「実行」ボタンが押せるようになった
ht_1012ve03.jpg 「サービスからのお知らせ」に届いたバージョンアップ通知。縦書き表示にのみ対応する

ht_1012ve04.jpg バージョンアップ作業は電源への接続が必須だ
ht_1012ve05.jpg 対象ファイルをダウンロード後にバージョンアップが始まる
ht_1012ve06.jpg 本体のバージョンは1.00iから1.01cになる(5.5型の場合)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる