インタビュー
» 2015年09月22日 06時00分 UPDATE

日本人は6人に1人が難聴? 聴力が落ちる原因とは

[新刊JP]
新刊JP

 最近、前よりも耳の聞こえが悪くなった気がする。でも「難聴なんて、お年寄りの病気」と思い、見て見ぬふりをしていませんか。

『耳は1分でよくなる!─薬も手術もいらない奇跡の聴力回復法』の著者・今野清志さん 『耳は1分でよくなる!─薬も手術もいらない奇跡の聴力回復法』の著者・今野清志さん

 『耳は1分でよくなる!─薬も手術もいらない奇跡の聴力回復法』(自由国民社/刊)によれば、耳は実に繊細な器官であり、内臓の状態やストレスなどさまざまな要因の影響を受けやすいといいます。つまり身体のどこかが健康を損うことで耳の聞こえが悪くなる、ということは十分起こり得ることなのです。

 著者の今野清志さんは「今野式難聴改善エクササイズ」の発案者であり、本書の中で難聴のメカニズムを明らかにするとともに、その改善法について解説しています。

 今回、新刊JP編集部は今野さんにインタビューを行い、耳の健康を保つための方法を中心にお話を伺いました。

(インタビュー・構成:神知典)

―― まずは本書の執筆経緯を教えて下さい。

今野 前の本(『目は1分でよくなる!』や『目がよくなって心も体も超スッキリ!』)を出版したときすでに「次は耳についての本を出そう」と思っていたんですよ。わたしは目と耳の治療家ですからね。

―― 通常の病院であれば、眼科と耳鼻咽喉科に分かれるところですが、今野さんの治療院では、目も耳も診ていらっしゃるんですよね。

今野 わたしが治療の指針にしている中医学では目と耳はつながっていると考えるため、こういう形にしています。

―― 本書でも、聴力と視力が同時に回復したというケースが紹介されていましたね。

今野 あれは典型的な例ですね。目も耳も細かな働きをするため、活動するにはたくさんの血液を必要とします。なので、血流障害が起きれば目も耳も悪くなってしまうんです。

―― 目のほかにも脳や腎臓など、耳が全身のあらゆる部分と関わりがあると書かれていたのが新鮮でした。

今野 そうですね。そこが西洋医学と中医学の一番の違いでしょう。西洋医学ではパーツごとに切り分けて考えようとしますが、中医学ではトータルでとらえて考えようとします。

―― いま、本書のキーワードの1つである中医学について話していただきましたが、もうひとつのキーワード、難聴についてもうかがいたいです。そもそも難聴とはどのようなものなのでしょうか?

今野 誤解されがちなのですが、難聴とは「音がほとんど聞こえなくなる病気」ではなく、「音が聞こえにくい状態」を指します。

―― 自分の耳が聞こえにくくなっているかどうかは、何を手がかりに判断すればよいのでしょうか。

今野 例えば、早口で話されると聞きとりづらいだとか、呼びかけられたのに気づかないことが多いなら、難聴を疑った方がいいでしょう。

 また欧米の基準では「40dB以下の音を聞き取れない人」を難聴と定義します。この定義でいえば、日本には約2000万人の難聴者がいる計算になります。

―― つまり6人に1人は難聴の可能性があるということですね。難聴は必ずしもお年寄りだけの病気ではなく「子どもの難聴も急増している」というお話も印象的でした。

今野 栄養障害や過度なストレスにより耳の聞こえが悪くなる子どもが増えているという印象です。

―― 聴覚には心理的なものも大きく作用するということなのでしょうか。

今野 そうですね。ほかには、8歳の子が東日本大震災のショックで聞こえなくなってしまった例もあります。ただ子どもは成長過程にあるので、治る可能性は十分あります。もし専門医に「もう治りません」といわれたとしても、諦めないでほしいですね。

―― ちなみに本書で紹介されているエクササイズを行ったり、あるいは治療院で実際に治療を受けることで耳の具合が良くなったとして、その効果は具体的にどのような形で現れるものなのでしょうか。例えば音が聴こえる感覚が変わることで、その人が出す声も変わるというようなことはあるのでしょうか?

今野 確かに耳がよくなる過程で声が変わっていくということはあります。逆にいえば、声の状態でその人の健康状態はある程度分かります。例えば、あるときなどはテレビで俳優を見ていて声に力がなくなってきたなと感じ、「あぁ、この人は病気なのかもしれない」と思ったら、そのとおりだったことがありました。

腸をよくすれば耳もよくなる? 内臓と聴覚のつながりとは

―― 初診の方が来たときは、まずはどのように対応なさるのですか?

今野 まず、お見えになった方のお話をじっくり聞くことから始めます。もし最初に「耳の調子が悪い」という話をしてきても、「いつごろから耳の調子が悪くなったんですか?」「耳以外にも、何か変わったところはありませんか?」といったように、周辺情報についても聞くようにするんです。

―― そうすることで、患者さんのどんな情報をつかめるのでしょうか?

今野 花粉症、アトピー、鼻炎、頻尿など難聴以外にも悩みを持っていることが分かります。そして、それらの情報をつかめれば、難聴がどれくらい重症なのかも見当がつくんですね。例えば、ぼうこう、小腸、腎臓といった具合に、不調を訴える部位が下から上へ行くほど、難聴の程度も悪くなります。

―― 耳の問題というのは、トータルに見る必要があるのですね。本書で紹介されている「1分で耳がよくなる 今野式7つのトレーニング」も、耳だけでなく胃腸や頚椎などさまざまな器官を刺激することを目的とされていますね。

今野 そうです。早く治したい方は、7種類すべて試してみることをお勧めします。時間がない方は、「チョッピング呼吸法」という深い呼吸をするためのエクササイズをやるだけでも、だいぶ症状は違ってくると思います。

―― チョッピング呼吸法にしても、「お腹ウェービング」(手の平を使ってお腹をマッサージするエクササイズ)にしても、最終的には腸の働きをよくすることが目的と書かれていますね。耳にとって腸はそれだけ重要なのでしょうか。

今野 2つの意味で重要です。まず腸は耳の健康に必要な、血液の流れに一番大きな影響をおよぼす器官だということです。さらには内臓で最大の面積を占めるのが腸なので、ここの働きが鈍ってしまうと自律神経が乱れ、聴覚にも悪影響をおよぼすのです。

―― エクササイズ以外に、耳のケアでお勧めのものはありますか。

今野 休日などに自然の豊かな場所へ出かけて、木々のざわめきや、小鳥のさえずり、川の流れる音など、自然がつくりだす音に耳を澄ましてみるのがお勧めです。

―― それはなぜですか?

今野 耳の感覚が研ぎ澄まされるからです。1分、2分と耳を澄ますうちに、それまでは聴き逃していたような、かすかな虫のなき音にも気づけるようになります。さらには、いま聴いている音だけじゃなく「去年のこの季節には、ウシガエルがないていたな」といったように、かつて聴いた「音の記憶」も蘇ってくるでしょう。

―― 確かにそう言われてみると、自然豊かで静かな場所へ行ったときほど、普段よりもいろいろな音が耳に飛び込んでくることがあります。

今野 わたしは実家が宮城なのですが、たまに帰ると、夜は本当にシーンと静まりかえります。どれくらい静かなのかというと、1キロ先にある家の住人のクシャミの音が聞こえるほど(笑)。でもそれぐらい静かなところで時間を過ごすのは耳を癒してあげる意味でも重要だと思います。

Copyright(c) 2016 OTOBANK Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる