ニュース
» 2015年09月20日 19時15分 UPDATE

『ヨルタモリ』はなぜ面白いのか ラジオ好きが分析してみた

[新刊JP]
新刊JP

 福山雅治とリリー・フランキーがゲスト出演した回の『ヨルタモリ』を観た。正確にいえば、聴いた。料理をしながらの“ながら視聴”だった。

 常連客に扮(ふん)するタモリが、バーのマスターとしてゲストをもてなしつつ、ゆったりと展開するしょうもないトーク、大友良英、U-zhaanといったメンバーが脇を固めるからこそ可能となるハイクオリティなセッションは映像なしでも充分楽しめた。まるで深夜ラジオのようだ。

 ヨルタモリを“聴き”ながら、松本人志と高須光聖による伝説のラジオ番組『松本人志放送室』や、ふかわりょうがパーソナリティを務めていた『ROCKETMAN SHOW』のことを思い出した。また、タモリ自身がラジオ番組『オールナイトニッポン』のパーソナリティを務めていたことも(偶然だが、上述した回のゲスト、福山もリリーもラジオに縁が深い)。

 録画しておいたほかの回も幾つか“聴いて”みると、ますます深夜ラジオのよう思えてくる。斎藤工の回では「大人のしりとり」が聴け、篠原涼子の回では、フラメンコギタリストの沖仁とタブラ奏者のU-zhaanによるインストセッションで『恋しさとせつなさと心強さと』が聴ける。そしてタモリと甲本ヒロトとの真空管アンプに関するマニアトークを聴ける未公開スペシャルの回では、同番組レギュラーの能町みね子が「専門家のラジオを聴いている気分になる」と漏らしてもいる。

『ヨルタモリ』はなぜ面白いのか ラジオ好きが分析してみた 『ヨルタモリ』はなぜ面白いのか ラジオ好きが分析してみた

 なぜ、この番組はこんなにも深夜ラジオのように“聴こえる”のだろう。『タモリ伝 森田一義も知らない「何者にもなりたくなかった男」タモリの実像』(片田直久/著、コアマガジン/刊)を読むと、そのヒントのようなものがつかめる。本書では、タモリとラジオとのつながりの深さを物語るエピソードが紹介されているからだ。

 『だんとつタモリ おもしろ大放送!』(後に『タモリの週刊ダイナマイク』と改名)で25年にわたって共演してきたフリーアナウンサー、堂尾弘子による、「いいとも」が始まって約3年が経過たした1985年ごろのタモリについての証言を引用しよう。


一方、タモリ自身は「笑っていいとも!」をどう捉えてきたのだろうか。堂尾弘子は85年ごろ、本人が「もう飽きた」と口にする場に何度か居合わせている。
「それはね、本心かどうか分かりませんけれども」(堂尾)
「いいとも」が軌道に乗り始めたころのことだ。ニッポン放送のスタジオでタモリは思わぬアドバイスを受けた。助言の主は堂尾である。
「もっとタモリさんのカラーを出した方がいいんじゃないですか」
タモリはしばらく考え、こう答えた。「出せないよ」。
「本当はもっとラジオのようにやりたいけど。制約がたくさんあるし、やらなきゃいけないこともあるので。自分なりにいろいろ考えてはいるんだけど、まあ、あれが精いっぱいだなあ」(155〜156ページより引用)

 このエピソードから、当時のタモリがラジオでいかに伸び伸びと話していたのかが伝わってくる。本書には、担当の放送作家を号泣させるなど、「やりたい放題」としか言いようのない、タモリの武勇伝の数々が紹介されているので、ぜひチェックしてみてほしい。

 話を戻し、なぜヨルタモリはこんなにも深夜ラジオ感が漂うのか?

 冒頭でヨルタモリと雰囲気の似ている深夜ラジオを幾つか挙げたが、少し強引にこれらの番組の面白さをまとめてしまうと、演者の「本気」と「素」を感じ取れるという点が挙げられるように思う。

 『松本人志放送室』での松本は、テレビの3倍増しくらい辛辣(しんらつ)なトークを展開するかと思えば、逆にポロッと弱音を吐いたりもする。これは松本と高須が仕事仲間であり幼なじみという関係性があるからこそなのではないか。また、『ROCKETMAN SHOW』でのふかわは、テレビでのイジられっぷりからは想像がつかないほどシリアスな一面を見せてくれたし、DJとして高評価を受けていることが頷ける絶品な選曲をしていた。

 ヨルタモリはどうか。トークやコントの最中に器用に声色を変えるところは、タモリ真骨頂の声芸「4カ国語麻雀」や「7カ国語バスガイド」を彷彿とさせ、先述した甲本との真空管トークでは彼のマニアっぷりを遺憾なく発揮している。篠山紀信の回では聴き役に徹して、宮沢りえの写真集『Santa Fe』の撮影をめぐって、篠山と宮沢の本音を見事に引き出している。

 このように『ヨルタモリ』と深夜ラジオには何かと共通点が多いように思えるのだ。

 9月20日で最終回を迎える同番組。以前から気になっていたのが「この番組は毎回、どれくらいの時間を掛けて収録しているんだろう?」ということ。カットされている部分がかなりあるのではないか。だとすれば、ぜひ未公開映像を含んだディレクターズカット版のDVDを発売してほしい。

(千葉流太/新刊JP編集部)

Copyright(c) 2016 OTOBANK Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる