ニュース
» 2015年09月15日 06時00分 UPDATE

宇宙世紀のガンダムを補完する、おすすめガンダム漫画15選

[ぶくまる]
ぶくまる

 2015年10月から放送開始のアニメ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」をはじめ、ガンダム作品はアニメ・漫画・ゲームと幅広く展開されていますが、その原点は「ファーストガンダム」とも呼ばれる「機動戦士ガンダム」から始まる宇宙世紀(U.C./Universal Century)の世界です。

今回はこの宇宙世紀のガンダムにスポットを当て、「アニメは見ていたけれど、漫画はどれを読めばいいのか分からない」という方向けに、おすすめのガンダム漫画を15作品ご紹介します。

まずはチェック! ガンダム漫画ガイドマップ

 以下は、宇宙世紀のアニメ作品と、今回ご紹介するガンダム漫画15作品の対応表です。

まずはチェック! ガンダム漫画ガイドマップ ※クリックすると別窓で画像が開きます

 ガンダム漫画は、アニメ本編にシーンを追加したコミカライズ作品もあれば、同じ時間を舞台にアニメとは違う人物を主人公に据えたり、舞台裏を描いたりした作品などがあります。アニメと漫画、両方を知ることで、よりガンダム世界を楽しめますよ。

ガンダム漫画、厳選15作品!

 数多く出版されているガンダム漫画の中から、おすすめの15作品をご紹介します。

アニメでは語られなかったエピソードも補完! 『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』

機動戦士ガンダム THE ORIGIN(1)

機動戦士ガンダム THE ORIGIN』 安彦良和・矢立肇・富野由悠季・大河原邦男/KADOKAWA/角川書店

アニメ「機動戦士ガンダム」(ファーストガンダム)のキャラクターデザインを務めた安彦良和先生が描く『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』は、ファーストガンダムのストーリーをベースにしており、アニメを知っている人には、ぜひとも読んでほしい作品です。

見どころは、アニメでは描かれなかったガンダム1号機(アムロは2号機に搭乗)の登場や、「アムロ、行きまーーーす!」「坊やだからさ」「ザクとは違うのだよ、ザクとは!」などの名言を、安彦先生の絵で楽しめるところ。モビルスーツの設定の見直しも行われており、読みごたえ、見ごたえたっぷり。

アムロの初戦闘シーンを本作で振り返るのもオススメです。内向的な少年アムロが、ザクの攻撃を受けながらも無我夢中で戦うその姿は、ある種の末恐ろしさを感じさせます。シャアの過去や、ファーストガンダムの舞台である一年戦争の前夜など、追加されたストーリーと漫画ならではの描写も多く、アニメを見た方にとっては、その差分も含めて楽しめる一作です。

 ちなみに、2015年2月には、本作の「シャアの過去」を基にしたアニメ「機動戦士ガンダム THE ORIGIN I 青い瞳のキャスバル」が上映・配信され、同じく2015年10月には、第2弾の「機動戦士ガンダム THE ORIGIN II 哀しみのアルテイシア」が劇場公開および有料配信予定です。

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』を立ち読みする

一年戦争末期、ジオン公国の崩壊を描く『機動戦士ガンダム ギレン暗殺計画』

機動戦士ガンダム ギレン暗殺計画(1)

機動戦士ガンダム ギレン暗殺計画』 ArkPerformance・富野由悠季・矢立肇/KADOKAWA/角川書店

 本作は、アニメ「機動戦士ガンダム」の一年戦争終戦間際のジオン公国の内部を、ドキュメンタリータッチで描いた作品です。作者は『蒼き鋼のアルペジオ』などで知られる ArkPerformance先生。緻密に描き込まれたモビルスーツやメカ類など、先生ならではの描写も見どころの1つ。

 一年戦争末期、ジオン公国では要人を狙ったテロが頻発。捜査に当たっていた公安捜査官のレオポルド・フィーゼラーは、幼馴染からテロ計画の情報を手に入れたことにより、ジオン公国内でうごめく陰謀に巻き込まれていきます。

 計画を知った主人公が、真相に迫ったがゆえに謀殺されそうになるなど、ガンダム漫画の中では異色ともいえる、ミステリー要素の強い一作。周到に練られたストーリーとドラマチックな展開は、一気読み必至です。 また、派手なモビルスーツ戦は少ないのですが、暗殺計画に関わる人間模様が強く描かれ、ガンダムの世界の新しい楽しみ方を教えてくれます。アニメの裏に隠された真実に、驚くこと間違いなしです。

機動戦士ガンダム ギレン暗殺計画』を立ち読みする

カイ・シデンの視点で一年戦争を振り返る『機動戦士ガンダム デイアフタートゥモロー −カイ・シデンのメモリーより−』

機動戦士ガンダム デイアフタートゥモロー −カイ・シデンのメモリーより−(1)

機動戦士ガンダム デイアフタートゥモロー −カイ・シデンのメモリーより−』 ことぶきつかさ・矢立肇・富野由悠季/KADOKAWA/角川書店

 サイド3にて催された「一年戦争展」を舞台に、ホワイトベースのクルーからジャーナリストになったカイ・シデンの視点で、一年戦争を振り返っている作品です。

 本作の見どころは、何といってもカイ・シデンの回想で描かれる一年戦争でしょう。一年戦争展に飾られている展示品をもとに、当時のホワイトベース内の出来事を語っていきます。ストーリーも宇宙世紀0105年の話になっているので、ジオン公国からジオン共和国へと変わったジオン内の姿が垣間見えるほか、途中加入ながらも印象深いホワイトベース所属のパイロット、スレッガー・ロウとのエピソードなど、アニメでは描かれなかった部分を知ることができます。

 ファーストガンダムを観ながら、または見た後にこそ読みたい一作です。

『機動戦士ガンダム デイアフタートゥモロー −カイ・シデンのメモリーより−』を立ち読みする

戦場でジャズが聴こえたらヤツが来る! 『機動戦士ガンダム サンダーボルト』

機動戦士ガンダム サンダーボルト(1)

機動戦士ガンダム サンダーボルト』 太田垣康男・矢立肇・富野由悠季/小学館

MOONLIGHT MILE』の太田垣康男先生が描く、スピード感・緊迫感・重量感ある戦闘シーンが全編通して楽しめる、骨太なガンダム漫画です。

 本作の主人公は、地球連邦軍のパイロットであるイオ・フレミングと、ジオン公国軍のパイロットであるダリル・ローレンツという、両軍のエースパイロット2人。ダリルは、戦争で両足を失っていながら、特別なモビルスーツを巧みに操り、数々の戦果を残しています。

 戦いの中で出会った彼らは、互いをライバルと認め合い、ぶつかり合います。好きな音楽を流しながら機体を操り、一年戦争末期の戦場を駆け抜ける2人は、まさに「シビれる男たち」。戦争のリアルを伝える生々しい描写やせりふの数々ともあいまって、他作品とはまた違った「大人のガンダム」を味わうことができます。

 アニメ本編のデザインを踏襲しつつ、独自のテイストが加わったメカはもちろんのこと、アムロやシャアとはまたひと味違う、熱い男たちの人間模様も堪能できます。ガンダム好きはもちろん、太田垣先生のファンにもおすすめできる一作です。

『機動戦士ガンダム サンダーボルト』を立ち読みする

なぜこの戦いは歴史から抹消されたのか『機動戦士ガンダム0083 REBELLION』

機動戦士ガンダム0083 REBELLION(1)

機動戦士ガンダム0083 REBELLION』 夏元雅人・矢立肇・富野由悠季・今西隆志・サンライズ/KADOKAWA/角川書店

 本作は、「ソロモンよ!私は帰ってきた!」などの名言で知られる、OVA「機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY」のコミカライズ作品です。

 一年戦争から3年。ジオン公国軍の残党「デラーズ・フリート」は、地球連邦軍から核兵器を搭載したガンダム試作2号機を強奪します。その現場に居合わせた主人公のコウ・ウラキは、ガンダム試作1号機に搭乗し、「デラーズ・フリート」を追うことに……。

 OVA「機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY」は、2016年1月に新作ピクチャードラマを収録したBlu-ray Boxの発売が予定されています。OVA版には登場しないガンダム試作1号機の追加装備など、追加要素が随所に見られる本作。OVAを見た方は復習に、見たことがない方は予習のつもりで、一度読んでいただきたいコミカライズの良作です。

『機動戦士ガンダム0083 REBELLION』を立ち読みする

ニュータイプ研究の陰謀が描かれた一作 『機動戦士ガンダム エコール・デュ・シエル』

機動戦士ガンダム エコール・デュ・シエル(1)

機動戦士ガンダム エコール・デュ・シエル』 美樹本晴彦・矢立肇・富野由悠季/KADOKAWA/角川書店

 本作は、アニメ「超時空要塞マクロス」や「機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争」のキャラクターデザインで知られる美樹本晴彦先生の一作です。

 主人公のアスナ・エルマートは、サイド3出身の少女。争いを好まない彼女は、家庭の事情でモビルスーツパイロットの養成学校エコールに入学することになります。しかし、平和に見えた学校生活も、ニュータイプの発見に必死な委員会によって崩されていき、彼女も事件に巻き込まれていくことに。

 宇宙世紀0085年からグリプス戦役までを舞台にした本作は、ニュータイプ研究の陰謀がストーリーに大きく影響していきます。女性が主人公という、ガンダム作品の中でも異色の本作。争いを好まない彼女の、モビルスーツをめぐる葛藤や成長、そして落ちこぼれ訓練生の彼女が時折見せる天性の才能。そして彼女の出生の秘密とは……。

 女性目線でのガンダム世界は、また違った広がりを見せてくれます。

『機動戦士ガンダム エコール・デュ・シエル』を立ち読みする

テレビアニメ版とは違う、劇場版三部作の1作目『機動戦士Zガンダム 星を継ぐ者』

機動戦士Zガンダム 星を継ぐ者

機動戦士Zガンダム 星を継ぐ者』 田巻久雄・富野由悠季・矢立肇/KADOKAWA/角川書店

 アニメ「機動戦士Zガンダム」を再構成した劇場版三部作の1作目「機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-」のコミカライズ作品です。

 一年戦争が終結して7年。地球連邦軍はジオン軍残党の掃討を名目に、ティターンズを創設します。あまりにも強権的な制裁を加えるティターンズに、反目した連邦の軍人やスペースノイドはエゥーゴを立ち上げて対抗。主人公のカミーユ・ビダンは、エゥーゴによるガンダムMk-II強奪作戦に巻き込まれた結果、エゥーゴに参加することになり、後に「グリプス戦役」として語られる戦いに身を投じていきます。

 劇場版三部作の続編である『機動戦士ZガンダムII 恋人たち』、『機動戦士ZガンダムIII 星の鼓動は愛』も、別の作者によりコミカライズされており、TV版とは違う劇場版の魅力を、漫画でも楽しむことができます。

『機動戦士Zガンダム 星を継ぐ者』を立ち読みする

ペンはモビルスーツより強いか『機動戦士Zガンダム デイアフタートゥモロー −カイ・シデンのレポートより−』

機動戦士Zガンダム デイアフタートゥモロー −カイ・シデンのレポートより−(1)

機動戦士Zガンダム デイアフタートゥモロー −カイ・シデンのレポートより−』 ことぶきつかさ・矢立肇・富野由悠季/KADOKAWA/角川書店

 本作の主人公であるカイ・シデンは、アニメ「機動戦士Zガンダム」でジャーナリストとして登場しますが、その活動を本作で追体験することができます。

 ファーストから7年たち、おのおのの生活を営んでいるホワイトベースクルーたちの姿を楽しめますが、その中でもやはり、アムロやシャアと対話するエピソードは興味深いです。

 「なぜ一年戦争で敵だった相手と、共に戦えるのか」とアムロに問い、「クアトロ・バジーナと名乗り何もしない」シャアに腹を立てます。

 「ジャーナリストのカイ・シデン」という立場で戦争に関わろうとするその立ち回りは、「機動戦士Zガンダム」という作品に深みを与えてくれます。軽口を叩き、セイラに軟弱者と罵られた青年が、どのような大人になったのかを、本作で確かめてみてください。

『機動戦士Zガンダム デイアフタートゥモロー −カイ・シデンのレポートより−』を立ち読みする

Zガンダム版“THE ORIGIN”『機動戦士Zガンダム Define』

機動戦士Zガンダム Define(1)

機動戦士Zガンダム Define』 北爪宏幸・サンライズ/KADOKAWA/角川書店

 本作は、アニメ「機動戦士Zガンダム」の作画監督である北爪宏幸先生の手により、Zガンダムを再構成した内容になっています。

 一年戦争からグリプス戦役までの7年間のシャアを描いた、北爪先生の作品『機動戦士ガンダムC.D.A 若き彗星の肖像』の設定を引き継いでおり、新たなキャラクター、MSも随所に登場。TVアニメ、劇場版三部作とそのコミカライズ作品、そのどれとも違う、新たな「機動戦士Zガンダム」の物語を楽しむことができます。

『機動戦士Zガンダム Define』を立ち読みする

ガンダム版「プ○ジェクトX」! 『機動戦士ガンダム ANAHEIM RECORD』

機動戦士ガンダム ANAHEIM RECORD(1)

機動戦士ガンダム ANAHEIM RECORD』 近藤和久・矢立肇・富野由悠季/KADOKAWA/角川書店

 本作は、宇宙世紀で最も有名な企業である「アナハイム・エレクトロニクス社」を描いた作品です。

 作者は、『機動戦士ガンダム0079外伝 MS戦記』の作画や、『機動戦士ガンダム ジオンの再興』を手掛け、アニメ「機動戦士Zガンダム」ではメカニックデザイナーとして参加した、ガンダム漫画の第一人者、近藤和久先生。

 「機動戦士Zガンダム」以降の主要なモビルスーツには、ほぼアナハイム・エレクトロニクス社が携わっており、本作ではZガンダムやZZガンダムの開発秘話が描かれています。

 本作の見どころは、ガンダム漫画でも異色といえる、開発者を主軸に据えたストーリーでしょう。アニメでは次々に出てくる新型モビルスーツですが、その裏には開発者の苦悩や努力があり、一会社員として翻弄される姿は、さながらガンダム版「プロ○ェクトX」のようです。ガンダムのメカニックな部分が好きな方には、ぜひ読んでいただきたい作品です。

『機動戦士ガンダム ANAHEIM RECORD』を立ち読みする

謎多きエースパイロット、ジョニー・ライデンに迫る『機動戦士ガンダム MSV-R ジョニー・ライデンの帰還』

 機動戦士ガンダム MSV-R ジョニー・ライデンの帰還(1)

機動戦士ガンダム MSV-R ジョニー・ライデンの帰還』 ArkPerformance・サンライズ/KADOKAWA/角川書店

 本作の主人公のレッド・ウェイラインが、ある日、戦闘シミュレーションを行っていたところ、突如データには存在しないはずの青いゲルググが現れ、謎のメッセージの後に撃破されてしまいます。不審に思った彼は、メッセージの中にあった「ジョニー・ライデン」という人名を手掛かりに調査を進めていきますが、それによって地球連邦やジオン残党など、さまざまな思惑が渦巻く紛争に巻き込まれていくことになります。

 MSV(モビルスーツバリエーション)とは、ガンダムシリーズに登場したモビルスーツの多種多様なバリエーションのデザイン企画で、さまざまな媒体で発表されています。本作も、タイトルの通りMSVの流れをくんでおり、アニメとは一味違ったモビルスーツが多く登場します。

 作者は、前述の『機動戦士ガンダム ギレン暗殺計画』でも紹介したArkPerformance先生で、メカ描写に定評のある先生の手によって、モビルスーツの迫力ある戦闘シーンが描かれているのはもちろん、謎に包まれたエースパイロット「ジョニー・ライデン」の秘密へと迫るストーリーは、読み進めば進めるほど続きが気になって仕方ありません。

『機動戦士ガンダム MSV-R ジョニー・ライデンの帰還』を立ち読みする

劇場版とは違う、もう1つの「逆襲のシャア」『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン(1)

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』 さびしうろあき×柳瀬敬之・出渕裕・矢立肇・富野由悠季/KADOKAWA/角川書店

 本作は、劇場版アニメ「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」の初稿シナリオを基にした小説『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』のコミカライズ作品です。

 「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」は、「機動戦士Zガンダム」で行方不明になったシャア・アズナブル(クワトロ・バジーナ)が、「機動戦士ガンダムZZ」でエゥーゴに敗北したネオ・ジオンの総帥となり、スペースノイド弾圧を続ける地球人類の粛清に乗り出すという、「シャアの反乱」を描いた作品です。

 劇場版アニメとは幾つかか違う点がありますが、その違いは作品の序盤から見ることができます。何と、「機動戦士Zガンダム」に登場するベルトーチカ・イルマが、アムロ・レイと同棲しています。さらに、ホワイトベースやアーガマなど、歴代ガンダムの母艦の艦長であったブライト・ノアが髭面になっています。「機動戦士ガンダム」から外見がそれほど変わらなかったブライトの貴重な姿だけでも、一見の価値ありです。

 登場するモビルスーツにも幾つか変更点があり、劇場版アニメでシャアが搭乗していたサザビーは、ナイチンゲールという新たな赤いモビルスーツとなっています。ナイチンゲールは2014年に待望のキット化がなされるなど、そのデザインは高い人気を誇ります。現在、最新刊の第2巻ではまだ未登場ですが、アムロ・レイのν(ニュー)ガンダムも新たな姿の片りんをのぞかせます。劇場版アニメとは違う魅力を持つ「逆襲のシャア」の物語を、あなたもぜひ読んでみてください。

『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』を立ち読みする

宇宙世紀の影の主役、ブライト・ノア『機動戦士ガンダムUC 虹にのれなかった男』

機動戦士ガンダムUC 虹にのれなかった男

機動戦士ガンダムUC 虹にのれなかった男』 福井晴敏・葛木ヒヨン・矢立肇・富野由悠季/KADOKAWA/角川書店

 「機動戦士ガンダム」で、ガンダムの母艦・ホワイトベースの艦長を務めたブライト・ノア。彼は「機動戦士Zガンダム」「機動戦士ガンダムZZ」「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」にも登場して母艦艦長を務め、それぞれの主人公たちに最も関わってきた人物であり、宇宙世紀の影の主役ともいえるキャラクターです。

 本作はブライトの視点で「機動戦士ガンダムUC」までのストーリーを振り返った作品です。戦いの中で多くの喪失を経験しながら生き残った影の主役が、各作品の主人公たちや環境を見て聞いて、何を思い悩んだかを知ることができます。宇宙世紀を振り返る意味でも、一度は読んでおきたい作品です。

『機動戦士ガンダムUC 虹にのれなかった男』を立ち読みする

ただのコミカライズ作品と侮るなかれ『機動戦士ガンダムUC バンデシネ』

機動戦士ガンダムUC バンデシネ(1)

機動戦士ガンダムUC バンデシネ』 大森倖三・サンライズ/KADOKAWA/角川書店

 福井晴敏先生の小説『機動戦士ガンダムUC』、それをアニメ化したOVA「機動戦士ガンダムUC」のコミカライズ作品です。OVAは2010年から2014年に全7章で公開されたこともあり、記憶に新しい方も多いでしょう。

 本作は「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」の「第二次ネオ・ジオン抗争」(シャアの反乱)から3年後、開ければ地球連邦が転覆するという「ラプラスの箱」を巡る地球連邦と、ネオ・ジオン残党「袖付き」の争いを、そして主人公のバナージ・リンクスが箱へと至る道のりを描いています。

 本作の魅力は、アニメにはない原作小説のシーンが追加されているだけでなく、本作独自のシーンも追加されている点、さらに登場するモビルスーツもアレンジが加えられているという点です。コミカライズと侮れない面白さは、原作小説を読んでいても、OVAを見ていても、十二分に楽しめること間違いなしです。

『機動戦士ガンダムUC バンデシネ』を立ち読みする

主人公ではない人々の物語『機動戦士ガンダムUC 『袖付き』の機付長は詩詠う』

機動戦士ガンダムUC 『袖付き』の機付長は詩詠う(1)

機動戦士ガンダムUC 『袖付き』の機付長は詩詠う』 白石琴似・サンライズ/KADOKAWA/角川書店

 「機動戦士ガンダムUC」に登場する、ネオ・ジオン残党軍「袖付き」に焦点を当てた作品です。「機動戦士ガンダムUC」本編では、ただ撃墜されただけのモビルスーツにも、当然パイロットが乗っていて、1人1人に戦う理由や思い、物語があります。そして、そのモビルスーツを整備する整備士(「袖付き」では機付長)にも、信念や紡いできた物語があります。

 本来は名も与えられなかった人々による本編の裏で紡がれた物語を、OVAや『機動戦士ガンダムUC バンデシネ』と合わせて読んでみてはいかがでしょう。

『機動戦士ガンダムUC 『袖付き』の機付長は詩詠う』を立ち読みする

まとめ

 いかがでしたか? 深淵なるガンダム世界、見てから読むか、読んでから見るか。楽しみ方は人それぞれですが、これをきっかけに、皆さんそれぞれの「ガンダム」を、ぜひとも広げてみてください。

© 2015 BookLive Co., Ltd. ALL RIGHT RESERVED.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる