ニュース
» 2015年09月11日 23時00分 UPDATE

CCC、武雄市図書館の蔵書についてコメント 1630冊を再度選書へ

追加納入した蔵書に、10年以上前に出版された実用書など図書館らしからぬ書籍が含まれていたことが問題になっていた。

[eBook USER]

 カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)は9月10日、同社が指定管理者として運営する佐賀県・武雄市図書館の蔵書について対応を発表した。

 武雄市図書館は、2013年4月のリニューアル開館前に武雄市から業務委託を受け蔵書1万132冊を760万円で追加納入していた。この中に10年以上前に出版された実用書やガイドブックなどが多数含まれていることが問題となり、図書館らしからぬラインアップだとして指摘を受けていた。

 CCCの増田宗昭代表取締役社長兼CEOは「より精度の高い選書を行うべき点があった事を反省しております」とコメント、リニューアル開館から9月9日までの約2年半で一度も借りられていない蔵書1630冊と同数を新たに選書し寄贈することを決定した。

武雄市図書館の蔵書について 武雄市図書館の蔵書について

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる