ニュース
» 2015年09月08日 17時58分 UPDATE

ジャンプ×アニマックス 「アニメシナリオ大賞」に羽木遼人『ルガーコード 1951』

「少年ジャンプ+」で年内に掲載、2016年にはアニマックスでテレビアニメ化も予定している。

[eBook USER]

 9月8日、集英社とアニマックスブロードキャスト・ジャパンが主催する「少年ジャンプ+×アニマックス アニメシナリオ大賞」の大賞作品が発表された。

 大賞に選ばれたのは、羽木遼人さんの『ルガーコード 1951』。あらゆる言語を習得した天才少年・テスタが、敵の人狼たちが使う暗号「ルガーコード」を解読するため、生きた狼人間の捕獲に乗り出すというストーリー。

少年ジャンプ+×アニマックス アニメシナリオ大賞 少年ジャンプ+×アニマックス アニメシナリオ大賞

 同賞は、次世代のアニメシナリオ作家の発掘を目的としたコンテスト。「少年ジャンプからイメージする、あなたのオリジナルシナリオ」をテーマにしており、大賞受賞者には賞金200万円を贈呈するほか、コミカライズした作品をWebマンガ誌「少年ジャンプ+」で年内に掲載(『週刊少年ジャンプ』の編集者が担当として制作をサポート)、2016年中にアニマックスでテレビアニメ化することが約束される。

 最終審査員は『めだかボックス』の暁月あきらさん、『黒子のバスケ』の藤巻忠俊さん、『スクールランブル』『声優ましまし倶楽部』の小林尽さん、アニメ監督・今千秋さん、脚本家・成田良美さん、週刊少年ジャンプ編集長・アニマックスの滝山正夫代表取締役社長が務めた。Webサイトでは審査員のコメントが掲載されている。

今後のスケジュール 今後のスケジュール

(画像出典:「少年ジャンプ+×アニマックス アニメシナリオ大賞」Webサイト)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる