ニュース
» 2015年09月08日 15時30分 UPDATE

eBookJapan、インドネシアで電子書店「MangaMon」 11月から

現地最大のメディア企業「コンパス・グラメディアグループ」との提携により実現。

[西尾泰三,eBook USER]
MangaMon MangaMonロゴ

 経済成長が見込まれるインドネシアで、11月1日から日本のマンガを中心に配信する電子書店「MangaMon」がオープンする。日本で電子書店「eBookJapan」を運営するイーブックイニシアティブジャパンと、インドネシアのメディア企業グループ「コンパス・グラメディアグループ」傘下企業の事業提携により実現した。

 イーブックイニシアティブジャパンは、コンパス・グラメディアグループ傘下のELEX、M&Cと6月に事業提携を発表、インドネシア語に翻訳された日本のマンガの配信事業に向けて準備を進めていた。

 コンパス・グラメディアグループは、インドネシア最大の日刊紙「KOMPAS」、テレビ局「KOMPAS TV」などを擁する巨大メディア企業グループ。グループ内に7つの出版社を抱えるほか、122店舗の書店も経営。同国最大の出版社で、最大の書店経営社でもある。傘下のELEXやM&Cは、ライセンスを受けて日本のマンガを同国で数多く刊行している。

 インドネシアでは海賊版が正規のマーケットを食っている部分がある。MangaMonでは、インドネシア語に翻訳された日本のマンガを正規に提供す。配信事業だけでなく、日本のポップカルチャーなどの情報発信やユーザー参加型の企画なども併せて行うサービスとして、正規版の価値を訴求していきたい考え。また、長期的には教育事業でのこうしたコンテンツ活用も視野に入れているようだ。

MangaMonの概要 MangaMon概要(イーブックイニシアティブジャパン発表資料より)

 MangaMonのオープンに先立ち、9月25日から27日にかけて開催される東南アジア最大の日本のポップカルチャー&アニメイベント「AFA 2015 INDONESIA」に出展、MangaMonの体験ブースを展開予定。また、MangaMonのオープンに合わせ、日本のマンガやアニメ作品をテーマにし、原画や貴重な制作資料などを展示する「コンセプトカフェ」も開店予定としている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる