ニュース
» 2015年09月01日 13時00分 UPDATE

タイププロジェクト、街区表示用フォント「東京シティフォント」を発表

都市情報にまとまりと分かりやすさを。

[西尾泰三,eBook USER]

 タイププロジェクトは9月1日、サインシステム(公共施設などの案内標識)向けのフォント「東京シティフォント」を発表した。2017年に発売予定。

東京シティフォント 東京シティフォント

 同社では、文字を活用することで都市のアイデンティティーを強化しようとする試みである「都市フォント構想」を2010年に発表。名古屋をイメージした「金シャチフォント」、横浜をイメージした「濱明朝体」などの開発に取り組んでいる。

 今回発された東京シティフォントもその1つで、同社が2006年から開発していたサインシステム用書体をベースに街区表示用書体として制作した。分かりやすさと都市固有の歴史・地域性を表現することを意図し、書体としてさまざまな属性を微細に調整した。

 同フォントは9月2日からギンザ・グラフィック・ギャラリーで開催される、日本デザインセンターのアートディレクター、色部義昭氏の個展(色部義昭:WALL)で公開される。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる