ニュース
» 2015年08月27日 13時00分 UPDATE

ローソン、専用棚導入で店頭での書籍販売強化

9月末から全国約1000店舗に導入。専用棚では人気の本を約75点並べる。

[西尾泰三,eBook USER]
書籍専用商品棚の設置イメージ 書籍専用商品棚の設置イメージ

 コンビニエンスストア大手のローソンは、9月28日からローソン店舗に専用の商品棚を順次導入し、書籍の販売を拡大すると発表した。まずは設置が可能で売上が見込める約1000店舗に順次導入する。

 通常、ローソン店舗ではコミックを除く書籍を10〜20アイテムほど販売しているが、専用商品棚では、小説文庫や雑学文庫、ビジネス書、料理・健康の実用書など、「人気の本」約75アイテムを取りそろえる。専用商品棚は幅60センチ、高さ120センチの棚が2本。

 ローソンでは2014年6月から一部店舗で専用商品棚を用いた書籍販売を行ってきたが、雑誌と書籍を合わせた売上高は約1割増加。また、共通ポイントサービス「Ponta」の購買データ分析によると、書籍購入者の来店リピート率は通常より約20ポイント高く、来店客数の増加につながっているという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる