ニュース
» 2015年08月22日 06時00分 UPDATE

「大人になる」って面白いこと?

[新刊JP]
新刊JP

 大人になるとは、どういうことか。子どものころに思い浮かべていた大人像と、20代、30代、40代になったときの自分を思うと、ギャップを感じる人は多いのではないだろうか。

 では、大人になるというのは、面白いことなのか。子どもに聞かれたら、あなたはどう答えるだろうか。大人になる過程で何をどう考え、生きるべきなのだろうか。

tnfigsj1901.jpg

 『大人になるっておもしろい?』(清水真砂子/著、岩波書店/刊)では、『ゲド戦記』の翻訳者であり、児童童文学者・翻訳家の清水真砂子さんが、大人になる直前の戸惑いや悩み、未来に希望を思い描くのも難しい10代に、魂をゆさぶる数々の物語を通して、悩むこと、傷つくことを恐れず、もっと伸びやかに自由に生きようと呼びかけている。

 清水さんは、誰にでも大きな声であいさつをする、強制されるようなあいさつよりも、優先してなすべきことがあるという。

 それは、黙すことだ。

 今は、はにかむことも、口数の少ないことにも、沈黙にも、なかなかプラスの価値観が置かれにくい。さらに1人でいることにも…。テレビをつければ登場する人たちは、朝からにぎやかに笑って、しゃべり、コミュニケーション能力こそ現在を生き抜くために不可欠だと社会のリーダーを自認する人々は大声で発し、独り居や黙することの大切さを思う人の声はなかなか若い人たちの耳には届きにくくなっているという。

 清水さんが気掛かりだと感じていることは、黙っていたいのに、無理をしてでも、しゃべらなくてはいけないと考える人が10代の人々の中にますます増えているように見えることだという。

 内容はどうあれ、しゃべるという行為そのものを価値と考える人々が多くなっているように思われること。こういう状況のもとでは他者の声に耳を傾けたり、自分自身の内なる声に耳を澄ますことは難しくなってきているのではないかということだ。

 黙すこと、そして1人でいることは、自分自身との対話に不可欠で、自分自身との対話がなくては、他社との対話も本当のところではできないし、他者とつながることも実はできないと、清水さんはつづる。

 近年、SNSでどこでも誰とでもつながることができる。便利である一方、1人でゆっくりする、考え事をする時間は減ってきているのかもしれない。黙すこと。自分自身と対話すること。そういう時間も大人になるためには大切なものなのだろう。

(新刊JP編集部)

Copyright(c) 2016 OTOBANK Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる