ニュース
» 2015年08月19日 13時00分 UPDATE

これなら虫嫌いでも大丈夫? “昆虫成分大幅減量”テラフォーマーズ第1巻無料配信

コミックス最新14巻の発売に合わせ、さまざまな企画が展開中。

[eBook USER]
週刊ヤングジャンプ公式サイトより 週刊ヤングジャンプ公式サイトより

 集英社は8月19日、『週刊ヤングジャンプ』で連載している『テラフォーマーズ』(原作:貴家悠 画:橘賢一)のコミックス14巻の発売に合わせ、“昆虫減量版”のテラフォーマーズ第1巻(電子版)の無料配信を9月1日までの期間限定で開始した。通常版の第1巻も同期間無料配信される。

 同作は8月6日発売の週刊ヤングジャンプ36・37合併号で連載150回を迎えたところ。コミックスの累計発行部数は1300万部を突破。2016年には伊藤英明さん主演で実写映画の公開が予定されているほか、アニメ続編の制作も決定した。

 昆虫減量版では、作中のゴキブリが謎のマスコットキャラ「てらほくん」に差し替えられているほか、ゴキブリという言葉がすべて「くろさん」に変更。ゴキブリ以外の虫は虫かごやハエたたきのイラストで隠されていたり消されていたりとさまざまな趣向で“減量”が図られている。

tnfigtf002.jpg ゴキブリの文字も絵も見たくない方のための昆虫減量版。ただしゴキブリの進化形のテラフォーマーはそのままです(テラフォーマーズ 昆虫減量版より © 貴家悠・橘賢一/集英社)

 また、8月24日から30日まで、新宿駅の東京メトロ丸の内線新宿駅プロムナードではテラフォーマーズ『生原稿展』を実施。完全書き下ろしとなるテラフォーマーズ第0話(15ページ)の生原稿を額装して展示。さらに、縦約2メートル×横約21メートルに拡大印刷したものも展示する。あの害虫と人類が戦うことになった理由を、“人類編”(8ページ)と“害虫編”(7ページ)に分けそれぞれの視点から描いた第0話は、この期間、この場所でしか読めない物語だ。

第0話“人類編” 掲出イメージ 第0話“人類編” 掲出イメージ
第0話“害虫編” 掲出イメージ 第0話“害虫編” 掲出イメージ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる