ニュース
» 2015年08月01日 06時00分 UPDATE

大分県立美術館、マンガ家の作画技術に迫る企画展「『描く!』マンガ展」を開催

巨匠たちのデビュー前後の作品や、島本和彦さん、平野耕太さんなどマンガ家8名による独自の描線や画面構成を原画・拡大パネルを使って紹介していく。

[eBook USER]

 大分県立美術館で8月1日、マンガを「描く」「人に見せる」「たのしむ」というマンガの本質に迫った企画展「『描く!』マンガ展」が開幕した。会期は9月23日まで。

「描く!」マンガ展 「描く!」マンガ展

 同展では、手塚治虫さんの『ブラック・ジャック』など、不朽の名作を生み出した巨匠たちの子ども時代やデビュー前後の貴重な作品を展示するほか、竹宮惠子さん、陸奥A子さん、諸星大二郎さん、島本和彦さん、平野耕太さん、PEACH-PITさんら8人の原画や拡大パネルなどから、独自の描線や画面構成の技術について紹介する。

 このほか、アナログから最新デジタルまでマンガを「描く」ためのさまざまなツールが体験できるワークショップや、マンガ家によるトーショーも開催。9月6日のトークショーでは、パロディマンガで知られる田中圭一さんとマンガ評論家・伊藤剛さんが出品作家たちの描線、コマわり、構図、キャラについて語る。各ワークショップ・イベントの参加には、メールまたは往復はがきでの事前申し込み(期限は8月25日まで)が必要。

手塚治虫『ブラック・ジャック』(C)手塚プロダクション 手塚治虫『ブラック・ジャック』(C)手塚プロダクション
マンガ家8人の原画を展示 マンガ家8人の原画を展示

「描く!」マンガ展

会場:大分県立美術館3階 展示室B(大分市寿町2番1号)

開催期間:8月1日〜9月23日

開館時間:午前10時〜午後7時、金曜日・土曜日は午後8時まで(入場は閉館30分前まで)、初日8月1日は午後12時開館

休展:9月1日

観覧料:一般・大学生800円、小中高生600円


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる