ニュース
» 2015年07月30日 06時00分 UPDATE

芥川賞受賞の『火花』150万部突破目前、電子版も10万DLに迫る勢い

20万部の増刷を決定、累計部数は144万部となる。

[eBook USER]
火花 火花

 文藝春秋は7月28日、第153回芥川龍之介賞を受賞した『火花』(又吉直樹)の大幅増刷(16刷)を発表。受賞後すぐに決定した重版分も完売状態となっているため、さらに20万部の重版を行う。これにより、累計発行部数は144万部となる。

 電子書籍版も7月26日時点で7万4088ダウンロードを突破し、Amazon Kindleストア、iBooks Store、楽天Kobo電子書籍ストア、紀伊國屋書店Kinoppyなどの主要電子書店でランキング1位を獲得。コミックが主流となる電子書籍で10万ダウンロードに迫る勢いを見せている。

 「火花」は、売れないお笑い芸人の徳永と先輩芸人・神谷の交流を描いた中編小説。自伝的な内容も含んだデビュー作で、掲載された『文學界』が異例の増刷を行うなど話題を集めている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる