ニュース
» 2015年07月16日 20時24分 UPDATE

第153回芥川賞に又吉直樹・羽田圭介、直木賞は東山彰良が受賞

贈呈式は8月下旬、都内で開催予定。受賞者にはそれぞれ正賞の時計と副賞100万円が贈られる。

[宮澤諒,eBook USER]

 7月16日、日本文学振興会が主催する第153回芥川龍之介賞(芥川賞)、直木三十五賞(直木賞)の受賞作が決定。芥川賞には、お笑い芸人「ピース」の又吉直樹さんによる『火花』(文學界2月号)と、羽田圭介さんの『スクラップ・アンド・ビルド』、直木賞には、東山彰良さんの『流』が選ばれた。

『火花』(又吉直樹) 『火花』(又吉直樹)
『流』(東山彰良) 『流』(東山彰良)

 芥川賞・直木賞はともに1935年に作家の菊池寛によって創設された文学賞。芥川賞は新聞や雑誌に掲載された純文学短編作品、直木賞は新聞・雑誌または単行本として発表された短編および長編の大衆作品が対象となっている。

 贈呈式は8月下旬、都内で開催予定。受賞者にはそれぞれ正賞の時計と副賞100万円が贈られる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる