ニュース
» 2015年07月15日 17時12分 UPDATE

戦後70周年企画:手塚治虫の体験した戦争とは 漫画や肉声を通して伝えるWebサイト「手塚治虫と戦争」が公開

楽天Kobo電子書籍ストア、eBookJapanでは関連書籍の30%オフキャンペーンを実施している。

[eBook USER]

 手塚プロダクションは7月15日、戦後70周年に合わせ、戦争を体験した手塚治虫さんが残した作品や言葉を通して、平和の大切さや命の尊さを伝える企画「手塚治虫と戦争」をスタートした。

手塚治虫と戦争 手塚治虫と戦争

 同企画では、手塚さんがまだ子どもだった1935年から亡くなる1989年までを、手塚さんの作品や肉声メッセージなどとともに年表形式で紹介。現時点では1935年〜1950年ごろまでのデータが掲載されており、今夏にかけて順次追加される。

 企画の開始に合わせ、楽天Kobo電子書籍ストアeBookJapanでは、手塚さんが手掛けた戦争関係の漫画の30%オフキャンペーンが開催中。

 キャンペーン対象作品は、手塚治虫の青春時代などを描いた作品集『紙の砦』、『ゴッドファーザーの息子』、『タイガーブックス』4巻、戦後の混乱期の青春群像を描いた『どついたれ』1巻〜2巻の5冊セットと、第二次世界大戦を背景に、三人のアドルフの運命を描いた『アドルフに告ぐ』1巻〜5巻セット。楽天Kobo電子書籍ストアでは8月20日まで実施する。

紙の砦 紙の砦
ゴッドファーザーの息子 ゴッドファーザーの息子

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる