ニュース
» 2015年07月13日 16時30分 UPDATE

40%超が電子書籍に無関心、新聞はWebと競る ジャストシステム調査

「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2015年6月度)」の調査結果が発表。

[宮澤諒,eBook USER]

 ジャストシステムは7月13日、同社のセルフ型アンケートサービス「Fastask(ファストアスク)」を活用した「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2015年6月度)」の調査結果を発表した。対象は、全国15歳〜69歳の男女1100人(男女各550人)で、調査期間は6月25日〜7月1日。調査結果はPDFで全130ページにおよぶ。

電子書籍、40%超が利用意向なく

 電子書籍を利用している人の割合は男女全体で16.9%、男性は40歳〜44歳の38%が最も高く、女性は50歳〜54歳の26%が最多となった。一方で、利用するつもりはないとする回答は41%に上っており、関心を持っていないと答えた人は24.5%。利用を検討している層や、無関心な層にどれだけ訴求できるかが課題になってきそうだ。

電子書籍の利用意向 男女年代別 電子書籍の利用意向 男女年代別

 また、利用していると答えた186人を対象に、使用している電子書籍リーダーを聞いた設問では、Kindle端末を使っている人が16.1%で最多、ノートPC/デスクトップPCが15.6%でそれに続く形となった。若い世代の多くは、スマートフォンを使って電子書籍を利用していることも以下のグラフから分かる。

電子書籍リーダーの利用状況 電子書籍リーダーの利用状況

新聞・雑誌は苦戦

 主要メディアの1日の平均利用時間については、男女ともにテレビやPCによるネット接続が上位となった。特に女性はテレビの利用時間が長く、ほとんどの年代でトップに。一方で、新聞や雑誌といったメディアは多くの年代でラジオよりも利用時間が短い傾向があることも分かる。

メディアの年代別利用時間(総合) メディアの年代別利用時間(総合)
男性のみ 男性のみ
女性のみ 女性のみ

ニュースは新聞とWebの二極化

 日々のニュースをチェックするために利用しているメディアは、ポータルサイトが最も多く49.5%、新聞が41.6%で2番目となった。新聞の利用率は年代が上がるにつれて向上する傾向がみられ、60代では男女ともに60%を超えている。新聞アプリの利用率は全体で9%、65歳〜69歳男性の利用率が24%で最多となった。

ニュースを閲覧するために使うメディア ニュースを閲覧するために使うメディア
男女年代別 男女年代別

 なお、男女別・年齢別のクロス集計データとしてまとめた調査結果リポートは、Fastaskの実例リポートページからダウンロードできる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる