ニュース
» 2015年07月11日 06時00分 UPDATE

「風呂場でおしっこ」許せる? 一緒に暮らす相手との価値観のズレを埋める方法

[新刊JP]
新刊JP

 好きな人と同居をはじめてみたところ、それまで見えてこなかった悪い面を知り、幻滅してしまった結果、別れてしまったという経験のある方は少なからずいるはずです。

 先月24日に放送されたオムニバスドラマ『恋愛あるある』(フジテレビ系)。その中の一話『同棲あるある』は、戸田恵梨香さんとムロツヨシさんが扮(ふん)する一組のカップルのすれ違いを描いたストーリーでした。

 戸田恵梨香さん演じるOLのマリは、2年付き合った彼氏との同居をスタートさせる。初めての共同生活にウキウキしていたというのに、ささいなことが気になりケンカの頻度が増していきます。「冷蔵庫の扉を閉め忘れる」「トイレの便座を下げない」「風呂場でおしっこをする」など、何度言っても改善されないどころか、どんどん嫌な部分ばかりが目につきはじめます。やがてそんな自分自身にもイヤになってしまい、結婚準備のための共同生活だったのに「同居なんかしなきゃよかった」と後悔しはじめて――。

 一緒に暮らしてみると、許せない部分ばかりが見えてくる。幸せな共同生活だったはずなのに、なぜこのようなことが起きてしまうのでしょうか。

「風呂場でおしっこ」許せる? 一緒に暮らす相手との価値観のズレを埋める方法 「風呂場でおしっこ」許せる? 一緒に暮らす相手との価値観のズレを埋める方法

 『心を知る技術』(フォレスト出版/刊、岩元貴久/訳)には、対人関係を充実させるための考え方や気遣いの方法が紹介されています。著者のジョン・F・ディマティーニ氏は、人間関係を終えようとしている人たちに共通する点として「お互いが相手に非現実的な幻想を抱いていること」を挙げています。

 人は無意識のうちに、自分の価値観からなる倫理やモラルに従うことを、相手にも期待してしまうもの。家のことをあまりしない彼氏には、「だらしない」「怠けもの」などといった烙印(らくいん)を押し、「○○しないといけない」「○○するべき」と言って改善を求めるでしょう。しかし、違う価値観を持った相手はなかなか応じてはくれません。自分の価値観を受け入れてもらうためには、まず相手がどういう価値観を持っているのかをきちんと理解してあげるべきなのです。

 相手の価値観を理解することは大事なことですが、あなた自身が相手の価値観に合わせていくばかりではいけません。しばらくすると自分が息苦しくなり耐えられなくなってしまうでしょうし、自分らしさが失われることで、相手に魅力的に映らなくなってしまうこともあるでしょう。

 ディマティーニ氏は、相手に自分の価値観を押し付けることはせず、かといって自分の価値観を完全に相手に合わせることもせず、うまくバランスを取っていくことが賢明だと言います。すなわち、自分が大切にしていることに優先順位をつけ、少しずつ相手の価値観に歩み寄っていくのです。1つ歩み寄ったら、1つ自分の価値観も知ってもらうようにする。そうして少しずつふたりの価値観の距離を縮めていけばいいのです。

 『心を知る技術』は、他者は自分をどう見ているか、相手の価値観はどんなところを見れば知ることができるのかなど、人間関係を構築する上での普遍的なアドバイスが多く書かれています。人間関係に悩んでいる人には大いに役に立つでしょう。

(新刊JP編集部)

Copyright(c) 2016 OTOBANK Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる