ニュース
» 2015年07月11日 06時00分 UPDATE

「痛風だからビールは我慢」は間違い?

[新刊JP]
新刊JP

 健康に気をつけようとすればするほど「酒もダメ、タバコもダメ、運動しないとダメ」と息苦しい生活を強いられるようで、うんざりしてしまいますよね。

 「できるだけ好きなもの、やりたいことを我慢せずに、健康でいたい」――これはわがままな願いなのでしょうか?

 『ズルい健康法』(平松類、おかのきんや/著、自由国民社/刊)はこんな願いを持つ人に、確かなヒントを与えてくれます。

痛風が怖い! でもビールは飲みたい

「痛風だからビールは我慢」は間違い? 「痛風だからビールは我慢」は間違い?

 健康診断で「尿酸値」が高いことを指摘されたとき、真っ先に頭に浮かぶのは「痛風」でしょう。痛風はとにかく痛いといいますし、絶対なりたくありませんよね。

 痛風は、体内の尿酸が足の親指の付け根に貯まって痛みが生じる病気です。これを予防したかったら、体内で尿酸へと変わってしまう「プリン体」を含むものの摂取を控えるべき。ここまでは多くの人が知っているはずです。

 ところで、プリン体の摂取を控えるために、標的にされやすいのが「ビール」です。

 「尿酸値が高いからビールを控える」というのは、ビール党の人にとってはつらい決断ですが、実はビールに含まれるプリン体は大瓶1本の中に20〜50ミリグラムほど。痛風にならないための1日のプリン体摂取量の上限は400ミリグラム以下とされていますから、プリン体のこと「だけ」を考えるのであれば、大瓶10本くらいは飲めるわけです。

 痛風予防のために、気をつけるべきはビールより食事です。例えば白子100グラムの中にはプリン体が約300ミリグラム、カキには約180ミリグラムも含まれています。ビールを我慢するよりもこういったものを食べすぎないようにした方が、痛風の予防としては効果的なはずです。

血圧が気になるけど、ラーメンは汁まで飲み干したい

 「ラーメンの汁は塩分が多いから、健康のためには残したほうがいい」

 こんな話もよく耳にしますよね。でも、「スープが飲めないならラーメンを食べる意味がない!」というラーメン愛好家もいるはず。

 確かに、塩分の摂りすぎは高血圧につながり、高血圧は動脈硬化や脳卒中につながるとされます。これは、塩分に含まれるナトリウムの働きとされているのですが、このナトリウムは、納豆やバナナなどに多く含まれるカリウムを摂取することで排出されやすくなるといいます。

 もちろん、塩分の摂りすぎには注意が必要ですが、ラーメンはどうしても汁を飲み干したい! という方は、一緒にカリウムを摂るようにすると(注意:腎臓や心臓に病気がある人は除く)、その塩分の中のナトリウムが体外に出やすくなるということは覚えておいて損はないはずです。

 本書には、我慢せず、無理せず健康を保つためにすべきことが、まだまだ数多く取り上げられています。

 食事制限も、運動もつらくて続きそうにない人、いそがしくて体のケアに気が回らない人は、「せめてこれだけはやっておこう」というものを見つけるためにも、本書を参考にしてみてはいかがでしょうか。

(新刊JP編集部)

Copyright(c) 2016 OTOBANK Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる