ニュース
» 2015年07月08日 06時00分 UPDATE

電子文芸誌『小説屋sari-sari』がリニューアル キャラクター小説専門誌に

テーマは「謎も、ファンタジーも、日常にある」。価格も100円(税別)に値下げした。

[eBook USER]
小説屋sari-sari 小説屋sari-sari

 KADOKAWAは7月7日、月刊の電子文芸雑誌『小説屋sari-sari』をキャラクター小説専門誌にリニューアルし、価格も100円(税別)へと値下げした。

 「sari-sari」とはタガログ語(フィリピンで使われている言語の一種)で「何でもあり」という意味。これまでは文芸誌として、20代〜40代の女性をメインに、さまざまな小説作品を紹介していた。

 リニューアル後は、「謎も、ファンタジーも、日常にある」をテーマに、魅力的なキャラクターたちのやり取りや成長をメインとしたキャラクター小説を提供。表紙は『イブニング』で『神様のジョーカー』(原作:楠みちはる)を連載中の佐原ミズさんが担当。恋する男女が登場し、2人の距離が少しずつ縮まっていく様子を毎号描き下ろしていく。

 今回は特集として小説『探偵執事・九条公士郎』で作家デビューを果たした人気声優・立花慎之介さんのインタビューをはじめ、直木賞作家・朝井リョウさんが学生時代に書き下ろした学園ミステリー『マドンナゆかりの断髪』、村崎友さん・秋吉理香子さん・深緑野分さんが参加した学園キャラクターミステリアンソロジー「響く予鈴は、推理の始まり。」などを掲載。このほか、執筆陣には小路幸也さん、結城光流さん、三川みりさん、青木俊直さんを迎えている。

立花慎之介さんインタビュー 立花慎之介さんインタビュー
学園キャラクターミステリアンソロジー 学園キャラクターミステリアンソロジー

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる