ニュース
» 2015年07月03日 14時41分 UPDATE

デジタルで生き残るために 漫画家・鈴木みそが京都でセミナー

デジタルコミックセミナー「四畳半マンガ家のためのデジタル戦略講座」の第2弾が8月1日、「京都国際マンガミュージアム」で開催される。

[宮澤諒,eBook USER]
『でんしょのはなし』(鈴木みそ) 『でんしょのはなし』(鈴木みそ)

 国内外の漫画に関する資料の収集・展示を行っている「京都国際マンガミュージアム」で8月1日、漫画家・鈴木みそさんによるデジタルコミックセミナー「電子コミック時代の漫画家生存戦略」が開催される。主催は京都市とNPO法人NEWVERY トキワ荘プロジェクト。

 これは、鈴木みそさんの漫画『でんしょのはなし』(電子書店「eBookJapan」のWeb誌『KATANA』で連載)の出版を記念したもので、3月に開催されたデジタルコミックセミナー「四畳半マンガ家のためのデジタル戦略講座」の第2弾に当たる(第1弾のセミナーリポートはこちら)。

 セミナーでは、KDP(Kindle Direct Publishing)で年間1000万円の売り上げを達成し、漫画家による電子書籍出版の先駆けとしても知られる鈴木みそさんが登壇し、電子化が進む漫画業界における生存戦略を語るほか、トキワ荘プロジェクト代表の菊池健さんにより、電子コミックの最新事情も紹介される。

『でんしょのはなし』の一場面 『でんしょのはなし』の一場面

 対象は、関西在住のプロ漫画家や、漫画家志望者、漫画を教えている教師、漫画を学ぶ生徒など。セミナー受講料は無料だが、同館の入館料(大人800円、中高生300円、小学生100円)が必要。

電子コミック時代の漫画家生存戦略

会場:京都国際マンガミュージアム

開催日時:8月1日 午後1時半〜午後3時半ごろ

受講料:無料(入館料として大人800円、中高生300円、小学生100円が必要)


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる