ニュース
» 2015年06月30日 14時56分 UPDATE

イーブックイニシアティブジャパン、中国に続きインドネシアでも電子書籍配信事業を展開

インドネシア国内最大手の総合メディア企業グループ「コンパス・グラメディアグループ」傘下の2社と業務提携した。

[宮澤諒,eBook USER]

 電子書店「eBookJapan」を運営するイーブックイニシアティブジャパンは6月30日、インドネシア国内最大手の総合メディア企業グループ「コンパス・グラメディアグループ」傘下のELEX社、M&C社と業務提携し、今秋からインドネシア語に翻訳されたマンガを中心とした電子書籍配信事業をスタートすると発表した。

各社のロゴ 各社のロゴ

 コンパス・グラメディアグループは、インドネシアで発売されている日本のマンガの90%を出版している。業務提携は、イーブックイニシアティブジャパンのグループ企業であり、インドネシアにおいて、キャラクターライセンスプロモーションやイベントプロデュースなどの業績で実績があるトキオ・ゲッツがコーディネートした。同社は、今後のプロモーションでも一翼を担うことになる。

 イーブックイニシアティブジャパンは今年、中国市場でコミックを中心とした電子書籍提供事業を展開する目的で、上海故事会文化伝媒、およびFind Japanと、中国・上海に合弁会社「上海知漫网络科技(Century eBook Shanghai)」設立している(関連記事)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる