ニュース
» 2015年06月29日 14時05分 UPDATE

シャープのブラウザビューワ、東洋経済新報社など新たに5社が採用

EBLIEVA ブラウザビューワの採用は合計14社となった。

[西尾泰三,eBook USER]

 シャープは6月29日、同社の電子書籍ソリューション「EBLIEVA(エブリーバ)」のブラウザビューワを新たに5社が採用したことを明らかにした。採用したのは、NTTぷらら、三笠書房、フランス書院、東洋経済新報社、モビぶっく。同ソリューションの採用実績は14社となった。

 アプリを必要とせず、電子書籍をブラウザ上で直接読めるようにするブラウザビューワは近年多くの導入事例がみられる。これまでは電子書店が導入するケースが多く見られたが、出版社のオウンドメディアやユーザー投稿型サイトなどでの採用もみられるようになってきた。EBLIEVA ブラウザビューワはリフロー型コンテンツの表示品質が評価されることが多いが、パッケージ型とASP型の2種で提供されるなどニーズに応じた導入形態を選べることができるのも特徴。

 今回EBLIEVA ブラウザビューワの採用を発表した5社のうち、東洋経済新報社はメディアセミナー参加者に発売前のビジネス書を配信するのに利用。また、モビぶっく インディーズのように、サービスの会員が投稿した小説などの作品を電子書籍化して提供するのにも用いられている。そのほか、カラオケ「JOYSOUND」を運用するエクシングのように、電子書籍(雑誌)を販促物として活用したキャンペーンにも利用されており、電子書籍の活用の広がりを感じさせる。

提供先/サービス名称 サービス開始日(予定含む)
NTTぷらら
ひかりTVブック
6月29日
三笠書房
三笠書房BOOKSTORE
7月1日
フランス書院 7月1日
東洋経済新報社
WORK RULES!
7月8日
モビぶっく
モビぶっく インディーズ
7月15日
今回ブラウザビューワの採用が発表された企業とサービス開始日

 同社は7月1日から開催される「第19回 国際 電子出版EXPO」に出展。ブースでは、同社のコンテンツギフトソリューションを活用したプレゼント企画を実施。ブースでシリアルID付きのポケットティッシュが配布され、ブラウザ上でシリアルIDを入力すると『flick! digital 2015年3月号』がブラウザ上で1冊まるごと読むことができる。

tnfigeb001.jpg 第19回 国際 電子出版EXPOではコンテンツギフトソリューションを活用した電子雑誌のプレゼントキャンペーンも

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる