ニュース
» 2015年06月15日 18時17分 UPDATE

松本大洋と小沢健二、『MONKEY』最新号で16年ぶりのコラボ

音楽家・小沢健二さんのエッセイに、漫画家・松本大洋さんがイラストを描いた「赤い山から銀貨が出てくる」を収録。

[eBook USER]

 スイッチ・パブリッシングは6月15日、漫画家・松本大洋さんが表紙と挿絵を手掛けた文芸誌『MONKEY』Vol.6を発売した。価格は1000円(税別)。

PhotoPhoto 漫画家・松本大洋さんの描き下ろし表紙と挿絵を掲載

 同号では、小川洋子さん、柴崎友香さん、小山田浩子さん、穂村弘さん、松田青子さんなど11人の作家が、「音楽」をテーマにした短編や短歌を執筆。さらに、音楽家・小沢健二さんのエッセイに松本さんがイラストを描いた「赤い山から銀貨が出てくる」も掲載されている。2人のコラボレーションは16年ぶりだ。また、村上春樹さんの人気連載「職業としての小説家」が最終回を迎えている。

 スイッチ・パブリッシングのオンラインストアでは、「MONKEY」の購入特典として、松本さんが描き下ろした猿の表紙イラスト、または男の子の挿絵をデザインしたポスターを用意している。

表紙イラスト 表紙イラスト

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる