ニュース
» 2015年06月11日 12時43分 UPDATE

札幌「くすみ書房」閉店の知らせに惜しむ声

「なぜだ!?売れない文庫フェア」「中学生はこれを読め!」など、斬新な企画やフェアで注目された書店だった。

[宮澤諒,eBook USER]

 斬新な企画やフェアで注目を集めた札幌市の書店「くすみ書房」が、6月21日で閉店することが決まった。

くすみ書房 閉店のお知らせ(出典:くすみ書房Webサイト) くすみ書房 閉店のお知らせ(出典:くすみ書房Webサイト)

 同店は、1946年に同市西区琴似で創業。一時は閉店の危機もあったものの、傑作でありながら売れていない本にスポットライトを当てた「なぜだ!?売れない文庫フェア」(2003年)や、中学生向けの本に特化した棚を設置する「中学生はこれを読め!」(2004年)などの企画が功を奏し、メディアにも取り上げられるなど着実に話題を集めた。

 2009年には、周辺に大型書店が出店したこともあり、場所を札幌市へと移したが、その後も「高校生はこれを読め!」(2010年)、「小学生はこれを読め!」(2011年)、さらにはお勧めの本を定期的に届ける「くすみ書房 友の会『くすくす』」といった会員制のサービスも展開していた。

 くすみ書房のTwitterアカウント(@kusumishobo)には、「大好きな書店だったので残念」「琴似に戻ってきてください」など、閉店を惜しむ声が寄せられている。

 なお、くすみ書房では6月21日まで、すべての文具を対象にした3割引きセールを実施している。

いつも、くすみ書房をご愛顧いただきありがとうございます。
突然のお知らせですが、6月21日(日)を最終日とし、くすみ書房大谷地店を閉店いたします。
暖かく、思いやりあふれる大谷地の皆様と過ごした6年間は、私共にとり特別の日々でした。素晴らしい場所でありながら、続けることができなかったのは、すべて当店の力不足が原因です。
このような形で閉店いたすことは、まことに悔しく情けないことですが、どうぞお許し下さい。
6年間、本当にお世話になりました。

またつきましては、当分の間、友の会「くすくす」と、「琴似に新発想の本屋を作ります」プロジェクトの新規のお申し込みは休止といたします。
なお、既にお申し込みいただいた皆様へは、今後のことを、後日あらためてご連絡いたします。ご迷惑をおかけし、申し訳ございません。ご連絡まで少々お時間を要しますが、何卒ご容赦下さいますよう、お願い申し上げます。――くすみ書房Webサイトから

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる