ニュース
» 2015年06月10日 10時40分 UPDATE

「ロボット三等兵」シリーズが初電子書籍化って「すごいの出たね」

6月10日はロボットの日!

[ねとらぼ]

 6月10日はロボットの日! ということで「ロボット三等兵」シリーズがeBookJapanにより初の電子書籍化! 当時少年だったおじいちゃんたちお待たせ!

ロボット三等兵

 1955年に貸本漫画として刊行された「ロボット三等兵」シリーズ。著者の前谷惟光氏は第二次大戦で中国等を転戦し、復員後に挿絵画家から漫画家に転身し、「トッピ博士」や「火星の八ちゃん」を発表しています。キャラクターの「いやなことをいうね」「へんなやつだね」「すごいのが出たね」といった常套句が人気で、著者の戦争体験を元に、戦争の馬鹿馬鹿しさや不条理さをコミカルに描いています。

 同作はその後「少年クラブ」(講談社)などでも連載され、昭和30年代に大ヒットしました。各巻300円(税別)。

ロボット三等兵ロボット三等兵 (C)前谷久光

ロボット三等兵

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる