ニュース
» 2015年06月02日 05時00分 UPDATE

仕事がデキる男が知っている体型を維持する方法

[新刊JP]
新刊JP

 30歳を過ぎ、一度ついたおなか周りの脂肪がなかなか落ちなくなってきた。以前は問題なく着られていたはずのスーツもキツい。あと5キロ体重が落ちれば……。

仕事がデキる男が知っている体型を維持する方法 仕事がデキる男が知っている体型を維持する方法

 そんな思いはあっても、ダイエットを実行に移すのはなかなか難しい。そもそも何から手をつければよいのかも分からない。そう嘆くサラリーマンは少なくないはずです。

 もう、そのだらしない体型のせいで「自分の食生活すら管理できない、ダメな人」というレッテルを貼られてしまう自分から卒業しませんか?

 体型に悩みを持つ男性が「強くてカッコイイ体」を手に入れるための方法として、『仕事でモテる男はなぜ、体を鍛えているのか?』(かんき出版/刊)では、筋トレと食事に関するノウハウが紹介されています。

 本書にある「賢い男だけが知っている『食事の常識10』」の中から、幾つかをピックアップしてご紹介しましょう。

朝食は会社で食べる

 何かと忙しい、出社前の朝。つい朝食を抜いてしまう方も多いのではないでしょうか。でも朝食を抜くと、お昼前におなかが空いてしまいます。そして、脳は効率よくカロリーを摂取しようとし、甘いものや油っこいものを欲します。その結果、必要以上にカロリーを摂ってしまうことになる。だから、朝食を抜くのは危険なのです。

 さらに、どのタイミングで朝食を摂るかが重要。本書の著者、比嘉一雄さんは「朝、早めに出社して、会社で食べる」ことを勧めています。そうすれば、ランチ前の空腹を抑えられ、摂取カロリーも抑えられるからです。

1杯目からハイボール

 会社の飲み会、最初の1杯で「とりあえずビール」と注文していませんか? お酒を飲む際、気をつけなければいけないのは糖質の量。その意味で、もっとも避けるべきはビールです。なぜなら、ビールはカロリーの3分の1が糖質だから。その点、ハイボールは糖質ゼロなので安心です。

 比嘉さんが居酒屋店員にヒアリングしたところ、一番多い注文は「さっきと同じもの」だそう。1杯目にハイボールを選ぶのが、太らないための賢い飲み方と言えるでしょう。

食べる時間にこだわるな

 よく「夜遅く食べると太りやすい」と聞きますが、本書によれば、昼と夜、どちらに食事を摂るかで、体の脂肪の吸収度合いはさほど変わらないといいます。

 むしろトータルの摂取カロリーを気にしつつも、その人の生活スタイルに合わせて、好きな時間帯に食べることで、ストレスは確実に減らすことの方が重要です。ストレスが少なければ、ダイエット生活も長続きするからです。

 ここで紹介したもの以外にも、本書では「締めのラーメンは毒だと思え」「ティースプーンで食べてみる」などの食事に関する提言がなされています。さらには筋トレについても、「有酸素運動は痩せてから」「筋トレは週に2回がベスト」といった、興味深いトピックが並んでいます。

 本書に書かれていることはどれもハードルが高くありません。まずは試せそうなものから試すだけでも、着られなくなったはずのスーツが着れるようになるかもしれませんよ。

(新刊JP編集部)

Copyright(c) 2017 OTOBANK Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる