ニュース
» 2015年05月20日 11時18分 UPDATE

国立国会図書館が連絡先不明の著作権者約5万人を「公開調査」

ネットでの提供を継続するために。

[ねとらぼ]

 国立国会図書館は生没年や著作権者の連絡先が分からない著作者約5万人・著作物約8万タイトルについてWeb上で「著作者情報公開調査」を行う。

 同図書館は昭和43年までに受入れた戦前期・戦後期刊行図書、議会資料、法令資料及び児童書のうち約90万点をデジタル化しており、このうち約35万点の画像を「国立国会図書館デジタルコレクション」のサイトにおいて公開している(著作権法第31条第2項に基づき)。

国立国会図書館 国立国会図書館デジタルコレクション

 公開にあたっては著作権者の連絡先を調査し、著作権の確認を行っているが、これらが確認できない著作物については、著作権法第67条に基づく文化庁長官の裁定を受けて公開していた。今回、その裁定期間が終了するのに伴い、公開を継続するため現在も生没年や著作権者の連絡先がわからない著作者を公開して調査することに。著者に関する情報の提供を呼びかけている。

国立国会図書館 情報提供を呼びかけています

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる