ニュース
» 2015年05月19日 14時05分 UPDATE

千葉市動物公園で動物に関する絵本の貸し出し、約500冊を対象に

登録を行えば誰でも利用可能。1人5冊、延長すれば最大で8週間まで借りることができる。

[eBook USER]

 千葉市動物公園は5月19日、絵本の読み聞かせを通して、動物に関する興味関心を深めてもらうため、同園が所蔵する動物関連の絵本約500冊の貸し出しを開始した。千葉市動物公園は、2本足で立つレッサーパンダの風太を飼育していることでも知られる。

Photo 動物に関する絵本の貸し出しを開始

 貸し出し場所は園内にある動物科学館2階図書室。取り扱いは月曜日(休日の場合はその翌日)と12月29日〜1月1日の休園日を除いた午前9時半から午後4時まで。

 借りられる冊数は1人5冊までで、1階総合受付で手続きを行っている。期間は4週間だが、最大4週間の延長も可能だ(電話でも受け付けている)。返却は正面ゲートまたは動物科学館総合受付まで持参するか、料金自己負担での郵送でも受け付ける(初回のみ利用登録手続きが必要)。

 なお、絵本の貸し出しについては、著作権法第38条4項に照らし合わせた上で実施しているという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる