ニュース
» 2015年05月15日 11時00分 UPDATE

スクウェア・エニックスHD、2015年3月期の連結決算を発表――出版事業が伸長

出版事業は2014年3月期と比べ、売上高は102億円から115億円、営業利益は23億円から32億円、営業利益率は22.4%から28.1%に成長した。

[eBook USER]

 スクウェア・エニックス・ホールディングスは5月12日、2015年3月期の連結決算を発表した。

 売上高は1679億円で前年比8.3%増、業利益は164億で前年比55.8%増、経常利益は169億円で前年比35.5%増、純利益は98億円で、前年比49.0%増となった。

2015年3月期実績 2015年3月期実績

 デジタルエンタテインメント事業では2014年3月期と比べ家庭用ゲーム機の大型新作タイトル発売が少なかったものの、リピート販売が好調。ブラウザゲームやスマートフォン向けゲーム、多人数参加型オンラインゲームが安定した収益をみせた。アミューズメント事業では消費税率の引き上げによる影響を受けたが効率的な店舗運営に努め業績は堅調に推移。2016年3月期は新筐体や電子マネーの導入、外国人観光客の取り込みなどにも注力する。

 出版事業は2014年3月期と比べ、売上高は102億円から115億円、営業利益は23億円から32億円、営業利益率は22.4%から28.1%に伸びており、電子書籍事業も倍近く成長。特に『ばらかもん』(ヨシノサツキ)や『月刊少女野崎くん』(椿いづみ)のテレビアニメ化など、メディアミックス作品のコミックスが好調な売り上げを見せたという。2016年3月期は『賭ケグルイ』(原作:河本ほむら 作画:尚村透)や2015年7月にアニメ放送予定の『青春×機関銃』(NAOE)などのヒットタイトル創出に注力するほか、アジアを中心とした海外へも積極的に事業展開していく。

Photo 出版事業

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる