ニュース
» 2015年05月13日 16時12分 UPDATE

第39回講談社漫画賞に『七つの大罪』『弱虫ペダル』『シドニアの騎士』など

少女部門には『逃げるは恥だが役に立つ』(海野つなみ/講談社)、特別賞には30周年を迎えた『クッキングパパ』(うえやまとち/講談社)が選ばれている。

[eBook USER]

 講談社は5月12日、第39回「講談社漫画賞」の選考結果を発表した。

 少年部門には『七つの大罪』(鈴木央/講談社)、『弱虫ペダル』(渡辺航/秋田書店)、少女部門には『逃げるは恥だが役に立つ』(海野つなみ/講談社)、一般部門には『シドニアの騎士』(弐瓶勉/講談社)が選出。また、30周年を迎えた『クッキングパパ』(うえやまとち/講談社)には特別賞が贈られた。児童部門は本年度から少年部門・少女部門に統合されている。

『七つの大罪』(鈴木央) 『七つの大罪』(鈴木央)
『弱虫ペダル』(渡辺航) 『弱虫ペダル』(渡辺航)

『逃げるは恥だが役に立つ』(海野つなみ) 『逃げるは恥だが役に立つ』(海野つなみ)
『シドニアの騎士』(弐瓶勉) 『シドニアの騎士』(弐瓶勉)
『クッキングパパ』(うえやまとち) 『クッキングパパ』(うえやまとち)

 同賞は、雑誌・単行本などに掲載・発表された漫画作品の中から斬新かつ最も優れた作品に贈られる漫画賞。近年では雲田はるこさんの『昭和元禄落語心中』、新川直司さんの『四月は君の嘘』、水城せとなさんの『失恋ショコラティエ』、諫山創さんの『進撃の巨人』など、メディアミックス作品が多数受賞している。

 第39回では2014年4月1日〜2015年3月までに発表された作品が対象。選考委員は安童夕馬さん、小林深雪さん、藤沢とおるさん、藤島康介さん、前川たけしさん、三田紀房さん、山下和美さん。受賞者には賞状とブロンズ像、副賞として賞金100万円が授与される。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる