連載
» 2015年05月08日 12時00分 UPDATE

私設図書館シャッツキステ100冊目:ひとつひとつの会話まで味わい深い『クローディアの秘密』

ついに最終回となったシャッツキステの本紹介連載。ミソノ、エリス、レイラ、サヤが全員集合です。

[eBook USER]
wmfigschatz02.jpg

 ゆっくりと季節が移り変わり、緑の葉が眩しく輝くころ、メイドが営む図書館の一角で、ひとり本を手にした私設図書館シャッツキステの司書メイド・ミソノがいました。ミソノは何の本を開いているのでしょうか……。

ひとつひとつの会話まで味わい深い『クローディアの秘密』

ミソノ

…………。


サヤ

何を読んでいるんですか?


ミソノ

あら! ぱらぱらとめくるつもりが、つい夢中になってしまったわ。


サヤ

児童書ですか?


ミソノ

『クローディアの秘密』というの。初版は1975年になっているから、翻訳されてからもう40年も経っている本なのねぇ。


『クローディアの秘密』(著:E・L・カニグズバーグ 訳:松永ふみ子/岩波書店) 『クローディアの秘密』(著:E・L・カニグズバーグ 訳:松永ふみ子/岩波書店)

エリス

40年前!? そんなに昔の本なの!


サヤ

わ、エリスさん!


レイラ

まったく、エリスさんったら大げさなんだから。絵本や児童文学に限ってみても、40年前の作品ってそんなに珍しくないでしょうに。


サヤ

レイラさんも!


ミソノ

うふふ、そうですね。ずいぶん前のような気がしますが、この作品の魅力はちっとも衰えていないような気がしますよ。冒頭……主人公のもうすぐ12歳になる少女、クローディアは家出を計画します。でも彼女は、無計画に飛び出たりなんてしない! どうせ行くなら気持ちの良い場所、その上できれば美しい場所がいいわ、と行く場所を選定します。


エリス

美しい場所に家出? 自然いっぱいの湖畔とかかしら?


サヤ

いやいや、この子「遠足さえも、虫がいっぱいいたり、カップケーキのお砂糖が太陽でとけたりして、だらしない、不便な感じです」って思っちゃうんですよ! 大自然で野宿派ではないみたい。なかなかイマドキっぽい感じ。


ミソノ

クローディアは弟を連れて家出をするのですが、これがまた計算高い! 弟は貯蓄が好きなので、こっそり賭けトランプでひと儲けして、お小遣いをためているんです。弟は財源!


エリス

ちょ! 賭けトランプって、かなりワイルドな子じゃないですか!


ミソノ

うふふ。その辺りはちょっぴり時代掛かっているかしら。弟のジェイミーは機転の利く少年なんですよ。そんな姉弟が向かったのは、気持ちよくて美しい……メトロポリタン美術館です。クローディアは、バイオリンのケースの中に着替えを詰めて、トランク代わりにして出発です。


レイラ

バイオリンケースをトランクにするって、なんだか少し憧れるわよね。


ミソノ

その上、こっそり美術館に隠れ住んでしまうんですよ! もちろん見つかっちゃいけませんもの。あれやこれやと工夫をします。夜は展示品のルネサンスの豪奢(ごうしゃ)なベッドで眠ったり、秘密の暮らしをしていくわくわく感!


サヤ

ふふふ。守衛さんを巻くのにがんばってるなんて、ほほえましいスリルですね。


ミソノ

彼女たちの家出は、冒険のよう! でも、ここからがこの本の真骨頂です!

クローディアたちは、やがて美術館内でひとつの展示品に魅かれます。その展示品、小さな天使の像には、とある秘密が隠されていることに彼女たちは気付き、それを解き明かそうと謎解きをはじめます。やがてその謎の鍵を握る人物にクローディアたちは接触し……。


エリス

黒幕登場なのかしら?


ミソノ

そうですね……とても素敵な黒幕ですよ。でも、その素敵さに気いたのは、大人になってからかしら。謎解きをする会話のひとつひとつが、ふと胸にしみるんです。「秘密は人の内側で力を持つ」……そういう言葉が、自分の中の心の引き出しを開けて、ストーリーに関係のないことなんか思い出したりして。


レイラ

本を読むって、孤独な作業よね。文字と向かい合っている時は、たったひとりだもの。


ミソノ

そうですね。ストーリーの面白さに身をゆだね、長い時を得た物語を味わってうっとりとしながら、ふと、全く違う事をひとしきり考えてみたり。そして、一呼吸を置いて、また物語の中にダイブする……ちょっとくらい思考があっちこっちしても大丈夫。そこは児童書ですもの! どーんと分かりやすく、物語に戻ることができます。


サヤ

さっきの「秘密は人の内側で力を持つ」に少しだけ似ていますね。同じ本を読んでいても、傍で見ているだけじゃ、その人がどう思っているかまでは分からない。その人の内側で、読んだものが力になったかどうかは、その人次第ですよね。


エリス

だから、ついついお勧めの本を持って、「聞いて聞いて! この本ね……」とやっちゃうのよねー。こんなにわくわくしました! って。


ミソノ

自分の信じるものをそっと胸の奥にしまって置くも良し、分け合うも良し……クローディアたちと黒幕は……秘密をどう取り扱うんでしょうね。私は、この図書館でメイドたちがお勧めの本を語ってくれるのは、とっても楽しく思いますよー。うふふ。

秘密を胸に、気持ちも行ったり来たり。『クローディアの秘密』は小さな、でも、たくさんのわくわくと、大人になったからこその思いが読み取れるのではないでしょうか。


本日のメイド

ミソノ ミソノ:いつもニコニコ、図書館を影から支える司書メイド。好きなジャンル:絵本、児童書、旅行記、本、紙、図書館
サヤ サヤ:三度のご飯より小説が好きな新米メイド。司書見習いとして、本棚整理などミソノの仕事をよく手伝っている。好きなジャンル:近現代文学、少女漫画

レイラ レイラ:森育ちのツンデレ魔女。お休みの日には愛猫とお気に入りの紅茶でまったり読書。好きなジャンル:文化、ゲーム、ファンタジー、魔女、雑学
エリス エリス:ちょっぴりドジなお姉さま?! シャッツの総メイド長。黒髪ロングがそろそろ膝に達しそう。好きなジャンル:ホラー、古代文明、イラスト、ビジネス書、少年マンガ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる