連載
» 2015年05月01日 12時00分 UPDATE

私設図書館シャッツキステ99冊目:“青春アレルギー”メイドすらもトリコにした学生ミステリー『少女キネマ』

次回はついに最終回! ラストを飾るのは一体誰なのか……。今日はエリスからの紹介です。

[eBook USER]
wmfigschatz02.jpg

 小さな緑の葉が伸び、道に木蔭が落ちるようになったこの街に、メイドが営む私設図書館がありました。

 そこには書架を守る司書メイドがいます。ほんわりおっとりした司書メイド ミソノに、淡い思いを抱くメイドもいるようです。

 今日はエリスが本をおすすめするようですよ。

“青春アレルギー”メイドすらもトリコにした学生ミステリー『少女キネマ』

エリス

先日ふと今まで紹介した本を振り返ってみたところ、私はゾンビ、インド、刑事ものと、趣味に偏り過ぎな気がしました……。趣味というか、資料本ばかり。最近、小説のような“お話を楽しむ本”を買う機会がめっきり減ってしまって。


ミソノ

そうですねぇ。確かに今までエリスさんが紹介したものの中に小説はなかったですね。


エリス

小説はあらすじを読んで、世界を滅ぼす魔物が登場したり殺人事件が起きたりと、刺激的な展開が約束されていそうなものばかりを手に取るようになってしまいました。言葉の生み出す空気感や世界観をじんわり堪能する本を読んでみたいとは思うのですが、自分好みのものをどう見つければいいか分からなくて。

でもついに出会えたのです! 普段絶対読まないであろうジャンルなのに、世界観に魅了された本……。


『少女キネマ 或は暴想王と屋根裏姫の物語』(一肇/KADOKAWA 角川書店) 『少女キネマ 或は暴想王と屋根裏姫の物語』(一肇/KADOKAWA 角川書店)

エリス

あらすじには「大学生の主人公が、屋根裏からおりてきた少女と出逢いはじまる青春ミステリー」とありました。


ミソノ

あら、ちょっと秘密めいた素敵な響き。青春ミステリーってさわやかな感じもしますし!


エリス

えぇ……青春アレルギー喪女の私としては、キラキラ輝く「青春」の文字を見ただけで普段だったらそっと本棚に戻すところです。


ミソノ

えっ!? 戻しちゃうんですか! あら、でもこの本は書き下ろしなんですね? あらすじで身構えるほどのエリスさんが、なぜあえてこの本を手に取ったのでしょう。


エリス

『少女キネマ』が刊行されるより前に、著者の一肇さまが書いていらした『フェノメノ』というホラー小説を読んでいました。「フェノメノ」はストーリーが怖いだけでなく、言葉が創りだす世界観が、芯から凍るような怖さを感じさせてくれる作品なのです。そのシリーズを読んで以来、お話の内容だけでなく、著者の方が言葉で描くその“世界観”自体のファンになってしまったのです。


ミソノ

芯から凍るような! その鮮烈な体験によって、エリスさんはこの著者の方に引き寄せられたと……。


エリス

恥ずかしながら普段ストーリー重視だった自分にとってそれははじめての体験だったので、この方の描くものなら、苦手な青春ストーリーもいけるかもしれない! と思ったのがきっかけです。


ミソノ

恥ずかしくないですよー。肌にぴったりとくる感覚の作家さんと出会えた時に「これだ!」と打ち震えることって、実は読書家さんでもそうそうない体験なのでは? いい作家さんに出会えたのですねぇ。

それで、どんな青春さわやかストーリーが展開されるんですか?


エリス

友人が残した未完の自主制作映画「少女キネマ」。空白のラストシーンに描かれるはずだったものは何だったのか――その謎を解くために、主人公は上京して大学の映画研究部に入ります。そして下宿する部屋で、天袋に住む清楚な女子高生“さち”と出会うのです。


ミソノ

ん? んん? ちょっと待ってください。天袋に女子高生? 天袋って、天井板のその上の空間ですよね? 普段そこに住む人ってなかなかいませんよね? 主人公が住むお部屋の天袋に、女子高生さんが住んでいたのですか? ネコ型ロボットさんですら、押し入れの中に住んでいるのに、そんなところに女子高生が住んでいるとは……。


エリス

そうです。つややかな黒髪のおかっぱ頭の大和撫子女子高生が、ある日ひょこっと天袋から降りてきて、畳に指をついて主人公にあいさつをします。

こうお話しするとファンタジーな印象かもしれませんが、ファンタジーというよりは、主人公の平凡な大学生生活にふと迷いこんできた“小さな不思議”という感じです。


ミソノ

はい……今、その図を想像して、なんだかそわっとしましたよ……。


エリス

出会った後、さちという少女は何者なのかを探るようなことはほとんどなく、勉強とバイトと映画研究部の活動に追われる主人公の大学生活がたんたんと進んでいきます。


ミソノ

不思議な出会いですねぇ。でも大学生活のシーンは、刺激的な展開が好きなエリスさんには少し物足りなかったのではないですか?


エリス

自分でも意外でした。「フェノメノ」でもそうだったのですが、一肇さまの言葉は、せせらぎのように頭にサラサラと入ってきて、それがとても心地よくて、刺激的な展開がないシーンでもページをめくる手が止まらないのです。


ミソノ

なんと!


エリス

「フェノメノ」ではその言葉の流れが、深海のような冷たく暗い怖さを感じさせてくれました。ですので、一肇さまの言葉はホラーでこそ発揮される! と勝手に思っていたのですが、そのイメージはこの「少女キネマ」を読んで一掃されました。

同じく耳心地のよいサラサラとした流れでも、「フェノメノ」のような暗い冷たさではなく、木漏れ日を受けた清流のような……涼やかで、それでいてキラキラした美しい世界が広がっていたのです。そして何より、その世界で描かれる大和撫子のさちちゃんが、とても愛らしいのです……!


ミソノ

あっ! ホラーと一緒にエリスさんの趣味趣向のトップランキングに並ぶ「女の子かわいい!」目線が、ここで入ってきましたか!


エリス

蒸し暑い夏の午後。急に降り出した雨に濡れ、逃げ込んだ縁側で、2人雨宿り……。


ミソノ

うんうん、偶然が演出するときめきがありそうですね。


エリス

青春モノで何度か見たことがあるようなシーンですのに、それがさちちゃんとなると、もう抱きしめたくて抱きしめたくて胸の奥がカーッと焦がれる感じがするのです。ああ、今すぐ横にたたずんでいるであろうさちちゃんを抱きしめたいですわ〜!!


ミソノ

(……いつものエリスさんだわ)。


エリス

はぁ、ごめんなさい、思い出したら興奮してしまいました。

先ほど大学生活がたんたんと進んでいくと言いましたが、たんたんというよりも、こういったさちちゃんとの日々と、未完成の映画作品「少女キネマ」にまつわる小さな不思議がじわりじわりと描かれていくんです。


ミソノ

未完成の映画、というのがミステリーのキーワードなんでしょうか。気になります。


エリス

それはあたかも山から静かに流れる清流のごとく、少しずつ合わさって、やがて太い流れとなり、最後には全てを飲み込むような激しい滝へ……! けれどそれを越えた先には、光り輝く大海原が広がるかのように――サラサラと主人公の大学生活を読んでいたと思ったら、最後はすごい疾走感であっという間に読み終わってしまいました。

大自然の美しさと激しさを全身で感じると、あまりの感動にしばらく呆然(ぼうぜん)としてしまうように、読み終わった後はしばらくその余韻で放心してしまったほどです……。


ミソノ

屋根裏の少女と出会ってから、まさかの滝のような疾走感のラスト。天袋から少女、未完の映画作品、青春ミステリー……なんだか、そわそわ気になるフレーズがたくさんです!


本日のメイド

ミソノ ミソノ:いつもニコニコ、図書館を影から支える司書メイド。好きなジャンル:絵本、児童書、旅行記、本、紙、図書館
エリス エリス:ちょっぴりドジなお姉さま?! シャッツの総メイド長。黒髪ロングがそろそろ膝に達しそう。好きなジャンル:ホラー、古代文明、イラスト、ビジネス書、少年マンガ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる