ニュース
» 2015年04月30日 05時00分 UPDATE

バイクネタも楽しめる! 可愛くてかっこいい「バイク女子」マンガ4選

[ぶくまる]
ぶくまる
tnfigbm000.jpg

 どうしても「バイクは男の乗り物」というイメージが強いですが、『ルパン三世』の峰不二子や、『デュラララ!!』のセルティなど、「モテるイイ女」はバイクをかっこよく乗りこなしています。もしかしたら、イイ女の秘密はバイクに隠されているのかもしれませんね。

 今回は可愛くかっこいい、バイク愛あふれる「バイク女子」が登場するマンガをご紹介します。

バイクがつなぐ、女の子同士の甘い関係

ガールズライド

ガールズライド』 磯本つよし/芳文社

 頭脳明晰(めいせき)・運動神経も抜群な清里ナンのクラスにやってきた、おっちょこちょいな転入生・野辺山セイ。ナンは道に迷っているセイと偶然出会い、彼女がバイク乗りであることを知ります。興味を持ったナンは、さっそく免許を取得。2人きりでツーリングを楽しむようになります。

 ちょっと遠出して海や山へ行ったり、スイーツやタコ焼きを食べに隣町までバイクを走らせたり。バイク女子ライフを満喫する、ナンとセイの生き生きとした姿が印象的です。

 見所はなんといっても、全編通して描かれる2人の関係でしょう。友情と言うには甘すぎる距離感がたまりません。はじめは2人きりでツーリングを楽しんでいたナンとセイですが、セイの旧友が現れて思わぬ三角関係(?)に発展。自分の知らないセイの側面を知る人物に戸惑うナンの姿には、「あるある!」と頷きたくなる女子も多いはず。

 バイクを通して女の子の友情を描いた、ほんわかニヤニヤできるお話です。ガールズラブ好きにもおすすめしたい1冊!

神奈川を原付で冒険したくなる!

げんつき 1

げんつき』 アキヨシカズタカ/KADOKAWA/メディアファクトリー

 相模大野女子高に通う沙耶と、幼馴染の詩(うた)は、放課後になるとバイクに乗って“冒険”へ出かけます。目的地は「ちょっと遠いご近所」。女子高生2人のまったりプチ旅行は新しい発見の連続です。その驚きの瞬間を“ケータイ写真家”の詩は次々と写真に収めていきます。

 物語の舞台は、カエルの鳴き声が聞こえてくる初夏の神奈川。町田・厚木・相模原・江ノ島……都会の騒がしさをどこかへ置き忘れてきたような、のどかな景色の中をバイクで走り抜けます。長い時間を過ごしてきた場所でも、意外と知らない場所は多いもの。旧道や湧水地、ひなびた温泉。ホタルに5つ葉のクローバー。揚げたてのあげパンにアイスクリーム。

 小さな旅の中で見つけたささやかな大発見を、彼女たちは思いっきり楽しみます。沙耶や詩と一緒に、新しい世界を見つけるワクワクを味わいながら、学生時代を懐かしく思い返せる1冊。

 各話ごとに、2人が走った道の地図と、ストーリー内に出てくるバイク用語や運転についての予備知識も掲載されていて、実用性もアリ。今年の夏は『げんつき』片手に、神奈川を走ってみてはいかがでしょうか。

オートバイ×女子高生の組み合わせがたまらない!

ばくおん!! 1

ばくおん!!』 おりもとみまな/秋田書店

 ちょっとおバカな女子高生・佐倉羽音(さくら はね)は、坂道の続く通学路に、入学初日からギブアップ状態。そんな時、偶然耳にした同じクラスの天野恩紗(あまの おんさ)が乗るバイクの“音”に魅せられます。すっかりバイク音の虜になった羽音は、バイク部へ入部することを決意しました。

 登場するキャラクターが、とにかく超個性的。天然おバカな羽音、常にメットを被っているバイク部の来夢(らいむ)先輩、バイクへの愛が暴走しがちな恩紗。重度の「カタナ」オタクな凛(りん)、ワルに憧れてバイク部に入部した聖(ひじり)。ライダー女子の日常は目まぐるしくハイスピード。チキンレースをしたり、バイクの好みで大喧嘩したりと大忙しです。

 テンション高め・ギャグ満載のストーリーは、読んでいて気持ちのいいスピード感を味わえます。かわいらしいキャラクターから一転、バイクシーンは迫力あり。女の子とゴツいバイクの組み合わせは「萌え!」の一言に尽きます。

 実際のバイクに関する知識がたびたび登場するので、バイクファンも楽しめること間違いなし。バイク愛がぎゅっと詰まった作品です。

バイク乗りの「あるある」ネタが満載!

すく〜〜〜と! 1巻

すく〜〜〜と!』 新久千映・藤田一己/白泉社

 松戸美弥子(愛称・トミィ)は、バイクが大好きな18歳の女子大生。暑い日も寒い日も、どこへ行くにも愛車のスクーター・YAMAHAのシグナスX-SRと一緒です。バイク乗りなら「あるある!」と言いたくなるネタが満載の日常系バイクコミック。第1巻の巻末には、シグナスを作っているヤマハ発動機の社員さんとの座談会も掲載されています。

 ふとした瞬間に、愛車の「カッコよさ」「カワイさ」にほれぼれして、思わず写メを撮りまくるトミィのシグナス溺愛っぷりがかわいい! これだけ愛されたらシグナスも幸せだろうなあ。シグナスのモデルチェンジした新型がちょっと羨ましくなったり、でも「やっぱりあたしの選んだシグナスがイイ感じ!」と鼻高々だったり。ライダーなら思わず膝を叩きたくなるエピソードが散りばめられています。ゆるめのタッチでスクーターの魅力を伝えてくれる1冊です。

 歩きや自転車よりも簡単に遠くへ足を伸ばせて、小回りもきいて買った物をたくさん収納できるスクーターは、女子の頼れる味方になってくれそうですよ。

 いかがでしたか? 「バイク」と「女子」という組み合わせの妙と、バイク自体の魅力の両方を楽しめるこの4作品は、マンガ読みだけではなく、すでに愛車を持っている人にも、「これからバイクの免許を取ってみようかな」という人にもおすすめです。

 これからツーリングには最適な季節。この機会に、バイクの世界に足を踏み入れてみませんか?

© 2015 BookLive Co., Ltd. ALL RIGHT RESERVED.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる