ニュース
» 2015年04月28日 15時41分 UPDATE

ルポや短編小説など、短編専門の販売コーナー「Kindle Singles」がオープン

30ページ〜150ページほどのものが中心で、価格も1冊99円〜399円と手ごろなのが特徴。

[宮澤諒,eBook USER]

 アマゾンジャパンは4月28日、雑誌や書籍とは異なる形態のコンテンツを提供する「Kindle Singles」を開始した。米Amazonでは、2011年1月に公開している。

Kindle Singles Kindle Singles

 エッセイやルポルタージュ、短編小説など、主に文章量があまり多くないコンテンツを販売するためのもので、Kindle内に設けられたKindle Singlesのコーナーでは、『なるへそ』(池井戸潤/43ページ)、『<この街から>』(本谷有希子/31ページ)、『リスを実装する』(円城塔/18ページ)など14タイトルを配信中。

 30ページ〜150ページほど(400字詰め原稿用紙で換算)のものが中心で、価格も1冊99円〜399円と手ごろなのが特徴。Kindle Singlesに直接作品を提供することで、最大で70%のロイヤリティーを受け取ることもできる。

 「なるへそ」を配信した池井戸さんは、以下のようにコメントしている。

 『なるへそ』は、以前小説誌に書いたきり、どこにも収録されず埋もれていた短編(私にしては珍しく、パロディ)です。今回それが、Kindle Singlesによって“発掘”され、こうして発表の場を得られたのは幸運なことだと思います。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる