ニュース
» 2015年04月24日 15時00分 UPDATE

comicoは小説も変えていく――comico、ノベルカテゴリを新設

comicoが新カテゴリ「comico ノベル」をスタート。文字ものの世界でも人気を博すか。

[西尾泰三,eBook USER]
ノベルカテゴリを新設 ノベルカテゴリを新設

 NHN PlayArtは4月24日、無料スマートコミックサービス「comico」のアプリ内に新カテゴリ「comico ノベル」を新設、マンガに加え、新たにノベル作品の提供も開始した。アプリを最新版にすることで下段のメニューに「ノベル」アイコンが現れる。

 comicoといえば、縦スクロール、フルカラーといったスマホに最適化した表現を取り入れ、オリジナル(現在公式作品だけで128作品)のマンガ作品を毎日配信。アプリのダウンロードは2015年3月末時点で900万ダウンロードで、1000万ダウンロードも射程に収める国内でも有数の無料コミックアプリとなっている。

 公開された「comico ノベル」も、縦スクロール、登場人物の台詞をフキダシ表示するなど、スマホに最適化した表現を指向。サービス開始時点で35のオリジナル作品を公開している。

現在は事前のスカウトで集められた35作品が並ぶ。挿絵も当然フルカラー 現在は事前のスカウトで集められた35作品が並ぶ。挿絵も当然フルカラー

 NHN PlayArtでは、comico ノベルの公開に併せ、同日から「夢の小説家デビュー!comicoノベル作家オーディション」を開催、「オールジャンル部門」のほか、comico公式作品をベースにした「comico公式作品アナザーストーリー部門」も募集している。

 また、5月下旬にはノベル向けの「作品投稿機能」を公開予定で、同機能の提供開始に併せ、comicoがすでに導入している連載契約のステップアップシステム(チャレンジ作品からはじまり、ベストチャレンジ作品、公式作品へ進む流れ)も導入予定だという。ノベルの公式作家には月額8万円以上+読者人気に応じたインセンティブが支払われる。

 comicoがリリースされた当初、そのアプローチには懐疑的な向きもあったが、『ReLIFE』を始め、紙でのコミックス発売やアニメ化まで至るケースも出てきた。900万ダウンロードという実績は多くの読者がそこにいることを意味しており、comico ノベルでも大きな飛躍を果たす作品が出てくることは間違いないだろう。

290x60_iOS_F.gif
290x60_Android_F.gif

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる