ニュース
» 2015年04月20日 12時00分 UPDATE

出版業界ニュースフラッシュ 2015年4月第3週

著作権の保護期間が切れている名作『風と共に去りぬ』の新訳を新潮社と岩波書店がそれぞれ刊行することなどが話題に。

[新文化通信社]
新文化通信社

『orange』(双葉社)、4巻で150万部突破

 双葉社が2月に発売したコミックス『orange』4巻がこのほど3万部(5刷)を重版して、1〜4巻で累計152万部となった。

 同コミックスは『月刊アクション』で連載中、長野・松本市を舞台にした青春SFラブストーリー。女子高生を中心にファンが激増し、海外からも出版オファーが相次いでいる。著者の高野苺氏も松本市在住。

 双葉社では「店頭飾付けコンクール」を実施。文教堂八橋店、廣文館ゆめタウンみゆき店、平安堂長野店、TSUTAYA南松本店、興文堂平田店が優秀賞を受賞した。5巻は今秋から冬にかけて発売される予定。

 飾付けコンクールの結果はこちらから。

新潮社と岩波書店、『風と共に去りぬ』新訳で“競作”

 マーガレット・ミッチェル『風と共に去りぬ』の新訳が、ほぼ時を同じくして新潮社と岩波書店から刊行される。著作権が切れたのが2009年ごろで、出版時期が偶然重なった。

 新潮社版の新訳は鴻巣友季子氏が手がけた。その特徴は「女性の会話やモノローグは徹底して女性らしく」していること。すでに1、2巻は3月26日に発売し、以降4月末から1巻ずつ刊行する。

 一方、荒このみ氏を訳者に据えた岩波書店は、全6巻で4月16日から刊行を開始。アメリカ文学、またアフリカンアメリカン研究の専門家である荒氏による訳文、注、各巻の解説が“売り”だ。2巻は6月、3巻は9月、以降は隔月で刊行し2016年3月に完結する。

tnfignf001.jpg
tnfignf002.jpg

写真左=岩波文庫版。1巻は本体840円  右=新潮文庫版。1、2巻は本体710円

Copyright 2015 新文化通信社 All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる