ニュース
» 2015年04月14日 12時17分 UPDATE

“2.5次元”の表現力――ポケモンの原画も担当するマンガ家・斉藤むねおの新境地

斉藤むねおさんは、トキワ荘プロジェクトの「MANZEMI講座」でも講師として活躍している。

[宮澤諒,eBook USER]

 2次元の世界に行きたい。それはマンガ・アニメ好きの間では永遠の夢であり、また叶うことのない願いでもある。

 こちらから2次元の世界に行くことは、現在の科学技術では残念ながら不可能だ。ならばいっそ、2次元の世界の住人にこちらの世界に来てもらうことはできないだろうか。

 “2.5次元”でマンガをつくる。そんな夢のある取り組みをしているのが、マンガ家の斉藤むねおさんだ。斉藤さんはマンガ家であるとともに、「ポケットモンスター」の公式デザイナーの一人としても知られる。

 2.5次元とは一体何なのか。百聞は一見に如かず、文章で説明するより斉藤さんがTwitter(@muneondo)に投稿した画像をまず見ていただこう。

 躍動感あふれるこの画像。彼女たちは紙に描かれたイラストであるとともに、立体感を伴ってそこに存在している。どうやって作られているのかというと。

 斉藤さんは、トキワ荘プロジェクトによるマンガの世界で活躍したい人のためのマンガ講座「MANZEMI講座」でも講師として活躍中。2.5次元で登場している女の子たちは、その講座内で使われたキャラクターたちとのこと。

 Twitterでは、日々、描写の改善を施している様子。斉藤さんのブログ「あとりえパラドックス3号店/斉藤まんがラボ」では、より詳しく制作についてまとめられているので、興味が沸いた人はぜひ読んでみてほしい。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる