ニュース
» 2015年04月01日 00時00分 UPDATE

エイプリールフール2015:2015年エイプリルフールネタまとめ

ついに来ましたね、この日が。出版社や電子書店を中心に、各社が本気で考えたエイプリルフールネタを随時更新していきます。

[eBook USER]

 今年もやってきましたエイプリルフール。こちらの記事では、出版社や電子書店のエイプリルフールネタを見つけ次第随時更新していきます。各社、普段の企画よりも手が込んでいるんじゃないかと疑いたくなるような良質なネタを仕込んでくるので、おのずと期待が高まります。

講談社、ドローンによる選書宅配サービス「いかが書店」を発表

 講談社は7月に、ドローン(無人小型航空機)を使った選書宅配サービス「いかが書店」を始めると発表しました。

 ドローンによる宅配といえばAmazonが先にアイデアを発表して話題となりましたが、米国では無人飛行機の運用が禁じられているとかでいまだに実現していないサービス。実現すれば、いかが書店がドローンを利用した初の宅配サービスになるかもしれません。

rmfig406-9.jpg 意外とありかも

 いかが書店には専用のアプリが用意されていて、538の項目に答えて、1万円・5万円・10万円の3つのコースから選択すると選書してもらえるとのこと。選書のためのAI設計はCEDEC元運営委員長の吉岡直人さんが担当したのだとか。

 さらにドローンの開発を担当したのは、『シドニアの騎士』で「衛人」の開発を手掛ける東亜重工。5万円・10万円コースの場合は、ペイロード(可搬重量)の関係で編隊を組んだドローンが来るようなのですが、掌位を組んだりするんでしょうかね(腕がないか……)。

 NAVERまとめテイストになっている特設サイトも細かいネタ満載で必見です!

20年前?にタイムスリップのBOOK☆WALKER

 KADOKAWAグループの電子書店「BOOK☆WALKER」では、20年ほど前にタイムスリップしたかのような見栄えのサイト構成になっています。何もかもみな懐かしい……。

tnfigap001.jpg おっさんホイホイだ!

 新着作品に、あかほりさとるさんの『セイバーマリオネットJ1 これが噂の乙女回路』が上がっていたり、人気作品として『ロードス島戦記』『天地無用!魎皇鬼』「新フォーチュン・クエスト』がチョイスしてあったり、1995年ごろをイメージしたサイトになっています。ソースまで見るのが通の楽しみ方です。

tnfigap002.jpg 管理人かな? パソ通の妖精こと、コミタンMのページも。

楽天ブックスでは世界初、ネコ向け配送サービス「ねこ楽」

 実はこの4月1日で14周年に突入した楽天ブックスでは、世界初をうたう、ネコのための配送サービス「ねこ楽」を発表しています。

 最短翌日配送サービス「あす楽」のネコ版といえますが、ネコ語での注文に対応しているのは当然のこと、商品のこん包もつめがひっかかりにくい配慮がうかがえます。もちろん、商品をこん包するダンボールはネコ型ハウスにも最適です。

ねこ楽 あなたはネコですか?

フリーザ編集長が少年ジャンプ+をジャック

 集英社週刊少年ジャンプのマンガアプリ「少年ジャンプ+」では、フリーザ様がジャックしてオールフリーザ状態に(Webサイトもフリーザ一色です)。4月18日から劇場版『ドラゴンボールZ 復活の「F」』が公開予定ですが、今からアップを始めているようです。悟空――!!!! はやくきてくれ――っ!!!!

tnfigap004.jpg

『月刊少年ギャグ王』が帰ってきた? 『ギャグ王ONLINE』創刊

 スクウェア・エニックスのWebコミックサイトガンガンONLINEでは、Webマガジン『ギャグ王ONLINE』が創刊。全42ページを無料で公開しています。

rmfig408-1.jpg

 巻頭カラーは、池田匠さんの『すすめ!!ダイナマン』。『天体戦士サンレッド』の作者・くぼたまことさんによる『くましろくろ』や、金田一蓮十郎さんによる『ジャングルはいつもハレのちグゥ』の番外編なども収録しています。

 麒麟・川島明さん、ノンスタイル・井上裕介さん、「ラッスンゴレライ」のネタで知られる8.6秒バズーカーなど芸人からのお祝いコメントも掲載している辺りほんと手が込んでいます。

スクロールなんて必要なかったんや…… comicoが専用スマホを発表

 「タテ読み、タダ読み」で知られるNHN PlayArtのスマートフォン向けコミックサービス「comico」。comicoのマンガは、縦スクロールで読めることをウリにしているのですが、そのアイデンティティをかなぐり捨てるような製品を作り出してしまったようなのです。それがこれ

rmfig408-2.jpg この画像まで長いのかよ!

 こちらの縦読みに最適化したcomico専用スマホ「LONGLONGPhone4.1S」を10万人にプレゼントするキャンペーンを開催中(もちろん嘘)。ちょっと欲しくなってしまったのは内緒です。

 また、comico作品のグッズを販売している「comico SHOP」では、期間限定でオープンするという「comico CAFE」のメニューを公開中。『ナンバカ』から「シロのふわとろオムライス」、『ネト充のススメ』から「リリィのミニバラカクテル」、『ももくり』から「ラブラブ♪いちごみるく」など画像入りで紹介しています。

rmfig408-3.jpg そのうち本当にやってくれそう

シャフト設立40周年 映画「ニセコイモノガタリ」を発表

 『週刊少年ジャンプ』で連載中の古味直志さんのマンガ『ニセコイ』と、西尾維新さんの『物語』シリーズがシャフト設立40周年を記念してコラボレーション。映画「ニセコイモノガタリ」を制作中とのこと。

 公式サイトだけでなく、映画のPVまで作ってしまうという仕事ぶり。「ニセコイ」は4月10日にアニメ2期がスタートします。

エイリアン VS MMR ハリウッドで実写化

 な、なんだってー!! でおなじみのMMR(マガジン・ミステリー・調査班)がハリウッドで映画化。2020年に地球が滅亡するという自分たちの警告を正当化すべく、地球侵略を図るエイリアンたちと戦うというストーリーとのこと。

rmfig408-12.jpg 結局滅亡するのか……

今年でラスト、昭文社×旺文社のどっちがどっち?

 名前を間違われやすい出版社の筆頭、昭文社と旺文社のコラボ企画。3年目を迎えた今年は、昭文社が旺文社の学習アプリで勉強する様子をつぶやき、旺文社が山形旅行する様子を1日掛けてつぶやいています。


 eBook USERでは、中の人たちを取材したインタビュー記事も掲載してますよー。

ベルト型電子書籍ビューワが登場

 PHP研究所電子出版部からは、ベルト型の電子書籍ビューワ「BELTBOOK」が発表されています。「見られたくない本は、家でしか読めない」の声にこたえて考案。希望小売価格は2万3000円とお高め。

かわうそを主人公とした小説を募集

 集英社の文芸単行本公式サイト「RENZABURO」では、「かわうそ小説新人賞」を設立。応募の条件は、作品の主人公が“かわうそ”であること。

rmfig408-14.jpg

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる