ニュース
» 2015年03月30日 13時00分 UPDATE

「氷づけになるがいい!」 しかしKobo Aura H2Oにはきかなかった!

水中30分ってレベルじゃねぇ。

[eBook USER]

 楽天Koboの電子書籍リーダー端末「Kobo Aura H2O」をカッチカチに凍らせてみた――ドイツの電子書籍端末ニュースサイト「ALLESebook.de」がそんな動画を公開し、ちょっとした話題となっています。

 Kobo Aura H2Oといえば、防水機能を備えた端末。IP67規格に準拠し、水深1メートルの真水に沈めた状態で最大30分の使用が可能というものですが、「それ北極で使えんの?」と言わんばかりに、水を張ったプラスチック容器に入れ、さらにそれをマイナス18度の冷蔵庫で16時間。ここでは3分クッキングメソッドで、カッチカチに凍ったKobo Aura H2Oの姿をお届けします。

tnfigko001.jpg カッチカチになったKobo Aura H2O(画像出典:ALLESebook.de)

 結論としては、バッテリーは大きく消費したものの、解凍後も特に問題なく使えたとのこと。よい子の皆さんはこの結果に満足して自分では試さないことをオススメします。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる