ニュース
» 2015年03月20日 07時00分 UPDATE

アルジャーノンがお出迎え、キイス色に染まった「カフェ・クリスティ」に行ってきた

早川書房1階の「カフェ・クリスティ」が展開するコラボ企画がスタート。第5弾はダニエル・キイスの代表作『アルジャーノンに花束を』。

[宮澤諒,eBook USER]

 東京・神田、早川書房1階にある「カフェ・クリスティ」が3月13日〜4月28日の期間限定で、米国作家・ダニエル・キイス氏の代表作『アルジャーノンに花束を』とコラボした「カフェ・アルジャーノンに花束を」として営業している。

 カフェ・クリスティはこれまでにも、「BAR ロング・グッドバイ」「パブ シャーロックホームズ」「PKD酒場」「カフェ・ポアロ」など、早川書房が刊行する名作やその作者とのコラボを展開してきた。「アルジャーノンに花束を」は新版も発売されており、店内で購入可能。

rmfiga1.jpg

花があしらわれた店内

 コラボ対象ごとに男女比や年齢層が変わるのが特徴的なこの企画。シャーロックホームズの時は、俳優のベネディクト・カンバーバッチ効果で客層は若い女性が多かった。今回も、アルジャーノンをイメージしたパンケーキや、内装に花束を用いるなどかわいさを重点においたこともあり、女性客が中心となっている。

rmfiga2.jpg お店のスタッフの人たちも毎度企画を楽しみにしているそう
rmfiga3.jpg 壁には1968年米国で公開された「まごころを君に」のポスター。こちらは主役のチャーリイ・ゴードンを演じる俳優のクリフ・ロバートソン
rmfiga4.jpg ガラス面には、さまざまな国で刊行された「アルジャーノンに花束を」の装画が貼られている。右下は来日した際に撮られたダニエル・キイスの写真。店内にあるテレビでは、その際の映像を見ることができる
rmfiga6.jpg 作品タイトルをイメージして、店内には花が飾られている。装飾はまだまだ増やしていく予定とのこと

パンケーキは人気すぎて売り切れ必至

 カフェ・クリスティのコラボ企画といえば、特筆すべきは提供する料理の美味しさ。カフェ・クリスティの料理は、地下にある本格レストラン「ラ・リヴィエール」のシェフが作っているため、見た目は作品の世界観と調和させつつも、味はとてもクオリティが高いものになっている。特に、アルジャーノンが描かれたパンケーキは初日から売り切れとなるほどの人気で、平日は午後2時〜午後5時、土日祝日は午後1時〜午後4時までの限定料理となっている。

rmfiga7.jpg リンゴジュース・パイナップルジュース・カルピスソーダを混ぜた「キニアン先生」(600円)。キニアン先生はチャーリイに手術を勧めた人物
rmfiga8.jpg 飲み物を頼むと特製コースターがもらえる。早川書房のデザイナーによるもので、これを目当てに来る人もいるとか。一種の公式グッズといえる
rmfiga9.jpg こちらは「マグロのカルパッチョ」(1000円)食べたら脳手術を受けたように頭がよくなるかも? マグロは分厚くて結構食べ応え十分、花も食用のため食べられる
rmfiga10.jpg たっぷりチーズがかかった「オムライス・グラタン」(800円)
rmfiga11.jpg 中はこんな感じ。チキンライスとチーズが絡まってスプーンを口に運ぶ手が止まらない
rmfiga12.jpg 頼もうと心に決めていた「チーズ盛り合わせ」(800円)。ブルーチーズの味が濃いので、別途「チャーリイのバゲット」(300円)を頼むのもあり。アルジャーノン人形は女性や子どもたちに人気らしく、一緒に写真撮影する人も結構いるんだとか
rmfiga15.jpg 昼のメニュー
rmfiga16.jpg 夜のメニュー

迷路やメッセージカードなども用意

rmfiga13.jpg チャーリイとアルジャーノンが競った迷路で遊ぶことも
rmfiga14.jpg ちゃんとアルジャーノンが描かれている辺りにこだわりを感じる

カフェ・アルジャーノンに花束を

開催期間:3月13日〜4月28日

営業時間:平日は午前11時半〜午後10時(ラストオーダー午後9時)、土日祝日は午前11時〜午後4時(ラストオーダー午後3時)

住所:千代田区神田多町2-2 第三ハヤカワビル1F


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる